高津区版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇一一回高津物語「玉川砂利鉄道株式会社 第壱回営業報告書」

 明治四一年二月一三日から同年五月三十一日迄の営業報告書を、文書整理の書庫で見つけ「営業概要」を見た。京橋に事務所を開設、砂利採掘船買収、採掘場を買入れたが調査頗る困難、意外な日数を要し欠損を来したが、将来は有望だと言い、全株主を列挙している。

 溝口周辺の株主を挙げると…久本― 岡 重孝(医師、第一回高津町町長)

  溝口― 岩崎次郎吉

  久本― 三富慶次郎

  溝口― 鈴木愛之助

  下作延―鈴木芳三郎

  溝口― 島崎惣兵衛

  北見方―田辺庄右衛門

の七名に過ぎない。

 筆頭の株主は、「アミガサ事件」の主役、御幸村上平間の、秋元喜四郎である。遠く西多摩郡三田村沢井下分の酒造「沢井」の小沢太平の名まで見える。

 手元の川崎市史には「郊外電車が設けられると、市域北西部の農村は、その利便にあずかると共に、都市化の様相を呈してきた」とある。

 まず多摩川の砂利運搬に着目して、明治三五年に設立された玉川砂利鉄道(代表、渡辺熊之進)は、同年玉川電車と改称し、同四〇年渋谷―玉川間の乗客、砂利運搬の営業を開始した。

 この鉄道会社から同四四年に高津村が、大正一一年には向丘村が電灯用として、電力供給を受けるようになった。また昭和二年には「二子橋」を造り、渋谷、二子玉川の区間から、二子橋を渡って、溝口まで電車がつながるようになった。

 電車道と道路を兼ねた二子橋は、東京都、神奈川県、及び玉川電車の協力で、工費五十万円をもって大正一四年(一九二五)七月に竣工した。橋の位置は十七・八二km、電車道は幅三・七五m、長さは十三・四五m、歩道は横幅二・七五m、全長は四四〇・〇一六m、橋脚は二三基と異常に多い。理由は関東大震災級の地震を想定して、橋の崩壊と流失を防ぐためであった。

 世田谷区と高津区を結び、以前二子玉川園という遊園地があったので、二子玉川園駅といったが、今はなくなったので「二子玉川」といっている。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇二一回

高津物語

11月17日号

高津物語

連載第一〇二〇回

高津物語

11月10日号

高津物語

連載第一〇一九回

高津物語

11月3日号

高津物語

連載第一〇一八回

高津物語

10月27日号

高津物語

連載第一〇一七回

高津物語

10月20日号

高津物語

連載第一〇一六回

高津物語

10月13日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク