神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年2月26日 エリアトップへ

開発した「惣菜そぼろ」が神奈川なでしこブランドに選ばれた 櫻井 友子さん 荏子田在住 55歳

公開:2015年2月26日

  • LINE
  • hatena

「かあちゃん」の心、食卓に

 ○…「干支は猪突猛進の亥年。その通りだってよく言われるの」。女性が開発に貢献した商品を支援する「なでしこブランド」に自社製品が認定されたほか、1月には地場産のおみやげを作るプロジェクトにも参加。開発や企画立案に奔走する日々には「地域密着でやっていきたい」という思いがある。「やりたいことができて、今が一番いい」とカラリと笑う。

 ○…家庭の食卓を豊かにしたいと、(株)さくら工房を立ち上げたのは子育てがひと段落した7年前。自身も経験してきただけに「女性が子育てしながら社会に出るのは大変なこと」と力を込める。働くママの力になりたいと、シフォンケーキを皮切りに米粉のスイーツや種類豊富なそぼろなど「作れそうだけど、ちょっとスペシャル」な製品開発に打ち込んできた。「ひと手間加えてちょっと自信を持って食卓に出せれば、お母さんも気持ちにゆとりができる。そんなお手伝いをしたい」と目を輝かせる。

 ○…生まれは兵庫県西宮市。転勤族の一家に育ち、高校の頃から神奈川へ。原点にあるのは、栄養士だった母がつくるごはんだ。肉、野菜、魚とバランスよく一品ずつ小皿に盛りつけられた彩り豊かな食卓…。だしの取り方や野菜の栄養など、お手伝いの中でさまざまなことを教わった。「専業主婦だったこともあって、全部手作りしてくれていたの」。幸せな食事の記憶があるからこそ、その大切さが心に深く刻み込まれている。「食は要。家庭の食事が豊かであれば、家族はつながっていられる」。一本通った信念は今も変わらない。

 ○…「私が私らしくいることが、自分の幸せだって言ってくれた。おかげで好きなことをさせてもらっている」と、夫への感謝を口にする。目指すは「ママ代行・駆け込み寺」をつくること。「相手の顔を見ながら販売したい。フラッと寄れて、元気になれるような場になったらいいな」。描いた夢に向かって前進する。
 

青葉区版の人物風土記最新6

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook