神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2021年7月1日 エリアトップへ

県洋菓子協会の作品展で「藤沢市長が選ぶセーリング作品」に選ばれた 大森 正巳さん 田奈町在住 39歳

公開:2021年7月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

新しいこと臆さず挑戦

 ○…久しぶりに作品を出せたらと思い立ち急きょ作品展に出品を決めた。受賞にも「驚きの方が強い」と語るが、アーモンドと砂糖をペーストにしたマジパンを使い、セーリング選手やヨット、波しぶきを巧みに表現。躍動感を出すため、競技写真を何百枚と観察し、選手の表情づくりにも注力した。「マジパン作品は童話のような世界観を表現する方が多いが、この作品はインパクトを出すためリアル寄りで作った。会場でも異色だったかも」と笑う。

 ○…田奈町で44年続く「セリーヌ洋菓子店」の2代目。幼い頃から食べることが大好きで、父の背中を見て自然とパティシエを志した。町田調理師専門学校高等課程を卒業後、他洋菓子店で8年間修業。2007年に店に戻ると、新しい客の来店が少ないと感じ「頑張らなきゃ」と試行錯誤。父が作っていた王道の洋菓子を守りつつ、すっきりとした味わいが特徴の「田奈プリン」などの新商品も開発。新しいファンの獲得にもつなげた。

 ○…共に店先に立つ妻と2人暮らし。田奈小、田奈中出身で、材料の仕入れ先には中学時代の先輩もおり、地域に仲間が多い。時間があるときはジョギングやゲームでリフレッシュ。仲間と行くサウナも好きだが「コロナになってから行けてなくて」と寂しげ。

 ○…お客さんの「美味しかったよ」との言葉が何よりの原動力。同店で初めて社員を採用し、後輩の育成にも力を入れる。商品開発には若手の意見も積極的に取り入れていくという。一方、自身はパン作りにも興味があるといい「田奈に長年住んでいるが、まちを見渡したときにパン屋が欲しいなと思って。いつか田奈ブランドのパン屋やカフェを開けたら」。食を通して地元を盛り上げることを夢見る。

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook