青葉区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

県洋菓子協会の作品展で「藤沢市長が選ぶセーリング作品」に選ばれた 大森 正巳さん 田奈町在住 39歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

新しいこと臆さず挑戦

 ○…久しぶりに作品を出せたらと思い立ち急きょ作品展に出品を決めた。受賞にも「驚きの方が強い」と語るが、アーモンドと砂糖をペーストにしたマジパンを使い、セーリング選手やヨット、波しぶきを巧みに表現。躍動感を出すため、競技写真を何百枚と観察し、選手の表情づくりにも注力した。「マジパン作品は童話のような世界観を表現する方が多いが、この作品はインパクトを出すためリアル寄りで作った。会場でも異色だったかも」と笑う。

 ○…田奈町で44年続く「セリーヌ洋菓子店」の2代目。幼い頃から食べることが大好きで、父の背中を見て自然とパティシエを志した。町田調理師専門学校高等課程を卒業後、他洋菓子店で8年間修業。2007年に店に戻ると、新しい客の来店が少ないと感じ「頑張らなきゃ」と試行錯誤。父が作っていた王道の洋菓子を守りつつ、すっきりとした味わいが特徴の「田奈プリン」などの新商品も開発。新しいファンの獲得にもつなげた。

 ○…共に店先に立つ妻と2人暮らし。田奈小、田奈中出身で、材料の仕入れ先には中学時代の先輩もおり、地域に仲間が多い。時間があるときはジョギングやゲームでリフレッシュ。仲間と行くサウナも好きだが「コロナになってから行けてなくて」と寂しげ。

 ○…お客さんの「美味しかったよ」との言葉が何よりの原動力。同店で初めて社員を採用し、後輩の育成にも力を入れる。商品開発には若手の意見も積極的に取り入れていくという。一方、自身はパン作りにも興味があるといい「田奈に長年住んでいるが、まちを見渡したときにパン屋が欲しいなと思って。いつか田奈ブランドのパン屋やカフェを開けたら」。食を通して地元を盛り上げることを夢見る。

青葉区版の人物風土記最新6

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook