青葉区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑ 学校から見た運動部の地域移行 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

 2022年6月6日、スポーツ庁の有識者会議「運動部活動の地域移行に関する検討会議」は、23年度から3年間を目処に、運動部活動を段階的に地域での活動に移行するよう提言した。運動部活動それ自体については、いろいろ議論されているので、ここでは学校教育の視座から見た問題をお話しする。

 教科等の学習カリキュラムだけでなく、給食や掃除、クラブ・課外活動なども通して、児童生徒を学校生活全体の中で全人格的に教育・指導してきたのは、日本の学校教育の伝統的文化である。少子化や指導者不足、教師の負担などを理由に、運動部活動を地域へ移行させる取り組みは避けて通れないものであろう。しかしながら、学習カリキュラム以外の「課外活動」をどう再編して、児童生徒の学校生活の充実を図っていくかは大きな課題であり、先般の高大接続改革、学習指導要領改訂に匹敵する大改革となるに違いない。

 多くの児童生徒は、内容やおもしろさだけで学習に動機づけられるわけではない。友達と会ったりクラブ活動等をしたりして学校生活を充実させ、そして「勉強も頑張ろう」となる。学校は将来的に部活動の実際上の指導運営を地域に任せることになっても、学校運営の一部として残るような形を模索してほしい。コミュニティスクールの経験も活かせるはずである。部活動が児童生徒になぜ求められ、彼らの発達を支えるのかを考える機会にしてほしい。

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

6月30日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

6月30日号

学校から見た運動部の地域移行

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

学校から見た運動部の地域移行

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

  「加齢黄斑変性症の症状や治療法」 コラム【11】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

6月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月26日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook