神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2023年10月19日 エリアトップへ

山内小学校の学校運営協議会で会長を務める 吉村 秋徳さん 美しが丘在住 71歳

公開:2023年10月19日

  • X
  • LINE
  • hatena

地元愛で地域に携わる

 ○...「山内小は地域と学校が上手く連携しながら、革新を続けていく部分と、伝統を受け継ぐことが良いバランスでできている」。地域と共にある学校を目指し、学校運営や支援などについて話し合う学校運営協議会の会長として2021年の立ち上げから携わる。また、卒業生として母校を見守ってきた。

 ○...山内小・中学校出身。楽しかった思い出ばかりが記憶に残る少年時代だった。「先生が皆が遊べるようにと野球道具などを買ってきてくれたりしてね」。少年野球団を作って試合をしたり、活発な子どもだった。当時の山内小は4年生から卒業まで担任教諭が変わらなかったため、自然と仲も深まり、「時代だったと思うけど休日に驚神社で遊んでもらったり、釣りをしたり、色々な経験をさせてもらった」。そんな大好きで憧れでもあった背中を追いかけて教諭の道へ。「憧れる大人の存在は大きいね」

 ○...好奇心旺盛な性格で、色々な学校を経験したいと小学校教諭として8校を歴任。田奈小で校長を勤め上げ、60歳で退職した。教諭として「毎日一回はクラスの児童一人ひとりとコミュニケーションを取ること」を大切に児童の成長を近くで見届けてきた。「先生と子どもそれぞれ相性はあるけれど、話さないことには始まらない」

 ○...4人家族。息子と娘は独り立ちし、妻は同じ教諭で免許取得時に出会い、50年近くを共にする。生まれてから住まいはずっと青葉区で「商社マンの海外出張はちょっぴり憧れた」と笑うが、退職後は美しが丘五丁目北自治会長や児童の登下校を見守るなど地域活動に尽力してきた。「母校が今年150周年を迎えるタイミングで携われることは本当にありがたいし、うれしい。地元への恩返しだね」

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook