神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年7月11日 エリアトップへ

「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】 悠先生のちょっと気になる目のはなし

公開:2024年7月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
加藤悠院長
加藤悠院長

 「数日前からまぶたがぴくぴくして治らないのですが…」。このように訴える方がたまにいらっしゃいます。まぶた(眼(がん)瞼(けん))が痙攣(けいれん)するので眼瞼痙攣という病気と間違われやすいですが、多くの方は「眼瞼ミオキミア」という状態です。

 通常左右どちらかのまぶたがぴくぴくすることが数日から数週間ほど続きますが、眼を開けたり閉じたりすること(開瞼(かいけん)閉瞼(へいけん))には影響ありません。疲労やストレス、睡眠不足などが誘因になると言われていますので、これらを改善することで次第に治まってきます。

 これに対して眼瞼痙攣とは、眼の周りの筋肉の過度な収縮により閉瞼が生じる状態で眼を開けにくくなります。まばたきの回数増加、眩しさや流涙を伴うこともあります。脳の病気、抗うつ薬や抗不安薬などの薬剤が原因のこともありますが、原因不明のこともあります。よく調べた後に、原因が疑われる薬剤の中止やボツリヌスの注射などで治療します。

 さらに、似たような名前と症状の疾患に片側顔面痙攣というものがあります。これは脳内で顔面神経が血管と接触し異常興奮を起こすことが原因で、片側の瞼の他に頬や口元の痙攣が起こります。治療はボツリヌスの注射や手術になります。頻度の差はありますが、眼の周りの痙攣にも色々な病気があるのです。

市ケ尾町の「梅の木眼科医院」の加藤悠院長が、目を健康に維持するために大切なことを分かりやすく教えてくれるコーナーです(月1回第2週目に掲載)

悠先生のちょっと気になる目のはなし-画像2

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

7月11日

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.12 外壁塗装の素朴な疑問に答えます!【1】

6月27日

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第45回 「子どもが育つ魔法の言葉」

6月27日

目のお悩みQ&A

コラム㊽専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『逆さまつげで困っていますが、どんな治療があるのでしょうか?』

6月27日

アナログを基盤にデジタル化促進

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉝

アナログを基盤にデジタル化促進

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月27日

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook