神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年7月11日 エリアトップへ

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する 有澤 和歌子さん 柿の木台在住 61歳

公開:2024年7月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
有澤 和歌子さん

道を広げる、世界が変わる

 ○…「すべての都道府県にインターナショナルスクールを」。その実現に向けて、自身2冊目となる『日本のアタリマエを変える学校たち 誰もがインターナショナルスクールで学べるように』を上梓。教育の国際化に取り組む国内の学校や団体を紹介する。「まずはインターナショナルスクールという選択肢があることを知ってほしい」

 ○…富山県射水市の出身。大手企業に長く務めたが、10年ほど前に縁あってカンボジアの大学を運営する学校法人へ。畑違いの教育業界に転職して見えたのは、国内での留学の認知度と需要の格差。「特に地方では、よく知らないまま一方的に反対する大人や、留学できることも知らない子どもが多かった」。”知らない”ために選択肢を与えられていないことに気づいたという。

 ○…「まずは大人が知ろう」と教育システムが整うデンマークへ留学。「学校は様々な文化や事情を持つ人が助け合い、共生を学ぶ場所だった。自分の世界が変わった」と当時の衝撃を語る。同時に、インターナショナルスクールに通う息子の世界が広がっていくのを近くで見てきた。国際教育の重要性を肌で感じ、子どもたちが平等にその機会を得られるようにするため、考えたのが公立のインターナショナルスクール。学費を抑え、国内にいながら異文化に触れられる選択肢だ。

 ○…2021年に、留学先の名前を冠したDenmark株式会社を起業。国内の学校や企業で授業や講演を開き、インターナショナルスクールの日本誘致などをサポートしている。国際教育への注目度が上がってきている地方から、教育と世界をつなぐことが目下の課題だ。より多くの子どもに世界が変わる選択肢を届けるため、先陣を切って発信していく。

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook