港北区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

日吉台小学校 「いのちを『もの』扱いしないで」 日吉の医師が児童に授業

人の「死」を教える高見沢医師
人の「死」を教える高見沢医師

 日吉台小学校の4年生を対象に今月上旬、「いのちの授業」が行われた。人間の「死」をどうとらえ、考えればいいのかを、子どもたちに伝えることを目的とした。

 講師を務めたのは同校校医であり、日吉駅前で医院を開く高見沢重隆医師。毎年4年生にこの授業を実施している。

 当日はスライドを使いながら「死」「いじめ」「自殺」というテーマを設定し、命の大切さを教えた。特に人を傷つける「いじめ」という行為をどうすれば止められるのか、想像力を働かせてほしいと呼びかけた。  高見沢医師は「職業として死に向き合うなかで体感したことを未来のある子どもたちに伝えたかった。決していのちを『もの』扱いしてはいけない。今を、自分自身を、家族を、友人を大切にしてほしい」と語りかけていた。

 子どもたちからは「テレビゲームのように死は簡単なことじゃないことが分かった」「死はただ恐ろしいことじゃないことが分かった。難しいけれどためになった」と話していた。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク