港北区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

区内熱中症搬送者数 昨夏を上回るペース 過度の節電も一因?

社会

 港北区内の熱中症による搬送者数が急増している。昨夏の記録的猛暑での搬送者数を上回るペースだ。過度の節電による影響も心配されており、市では「節電しながらの熱中症対策を」と呼びかける。

 区内の熱中症による搬送者数は、5月1日〜7月20日現在で24件(5月0人、6月7件、7月17件)。昨年同期(5月1日〜7月22日)で13件だったことに比べると、すでに11件の増加となっている。

 発生要因は、屋外作業9件、居室内、運動、車内が各3件、屋内作業、屋内その他が各2件、歩行中、自転車・バイクが各1件となっている。年代区分で見ると、高齢者7人、成人16人、少年1人、乳幼児0人。症状では、軽症13人、中等症11人となっており、重症、重篤、死亡は発生していないという状況だ。

市内全体では昨年の5倍

 横浜市全体での熱中症搬送者は、7月20日現在で336人。5月1日〜6月30日ですでに98件発生しており、過去最多を記録した昨年には、同期で19件だったことと比較すると、5倍以上増加した。さらに、7月だけで238人が搬送されており、最高気温30℃以上の日が続いたことで件数が増えたようだ。

 発生場所は、屋内が66%、屋外が34%となっており、特に「居室内」が全体の約3割を占めている。年齢別で見ると、70歳代が最多の17%を占め、次に60歳代が16%、80歳代が12%と続く。搬送者の約4割が高齢者であることから、市は室温が28℃以上になる場合はクーラーを活用するよう呼びかけている。市衛生研究所では「今年は例年以上に節電対策が求められているため、我慢しすぎてしまう高齢者が心配。 クーラーによる冷えを好まない人も多いので、扇風機や、シャワーやタオルで体を冷やす工夫も活用してほしい」としている。

若い世代も要注意

 節電により、例年以上に”厳しい夏”となっていることから、暑さ対策に力を入れる人が増えているようだ。トレッサ横浜にある「横浜港北ロフト」では、体を冷やすグッズの売上げが昨年の3倍に。首に巻くタイプや、寝る際に敷くマットが売れ筋という。

 港北区医師会の内藤英二会長は「最近では若者も、めまいや軽いしびれの症状で搬送される。体調が悪いときは、日中の外出や運動は避けてほしい」とする。
 

港北区版のトップニュース最新6件

食と健康などテーマに

アピタテラス横浜綱島

食と健康などテーマに

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月15日号

ターンパイク命名権取得

アネスト岩田

ターンパイク命名権取得

3月8日号

日産スタジアム杯制す

港北区男子選抜

日産スタジアム杯制す

3月8日号

学童保育 運営道のり険し

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク