港北区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

中学生は何を考える? 区内生徒17人が座談会

学校生活の課題を話し合う
学校生活の課題を話し合う

 青少年のものの考え方や悩みについて話し合う座談会「中学生とともに」が13日、港北区福祉保健活動拠点で開かれた。港北区社会を明るくする運動実施委員会(委員長小川浩之区長)主催、港北保護司会(井田慶次会長)など共催。地域の「大人」と「若者」が意見交換することにより、意思疎通を図ると同時に、課題共有も目的とした。

 当日は区内市立中学校の生徒17人が参加。保護司会のメンバーも加わり「今、中学生ができること、考えなければならないこと」と「学校生活のルールと問題点」をテーマに、AとB、2つのグループに分かれ議論を行った。

 Aでは「節電を行っている」「募金をやっている」「原発や政治に自分なりの意見を持つことが大切」など、東日本大震災発生後に学校で取組んでいる支援活動や、初めて自覚した実社会の問題点を指摘する声があがった。Bは「原則学校に携帯電話は持ってきてはいけない」「ひやかしでも人を傷つける『悪い言葉』が使われることがある」「一部にベルトを派手にする生徒がいる」などの紹介とルールを守るにはどうすればいいのか―といった話し合いが真剣にされていた。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク