港北区版 掲載号:2012年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

港北区 土砂災害への備えを 県指定区域を基にマップ作成

作成された土砂災害ハザードマップの一部
作成された土砂災害ハザードマップの一部

 横浜市は先月、神奈川県が告示した土砂災害警戒区域を基に、市内各区と連携し、初の試みとなる「土砂災害ハザードマップ」を作成した。マップには梅雨や台風の時期に起こりやすい土砂災害に備え、警戒区域や避難所などの詳細が記されている。港北区はマップを使いながら、区民への啓発活動を行っていく方針だ。

 県は「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づいて調査を行い、昨年11月までに県内の警戒区域を指定・告示した。市はそれを基に各区と連携し、住民に警戒区域や避難所を知ってもらうためマップを作成した。

区内は221か所

 港北区内の警戒区域は221か所で、北部・南部に分けられたマップ(縦60cm×横84cm)に茶色で色づけされている。加えて以前から指定されている急傾斜地崩壊危険区域は緑色で囲っている。このほか、避難所(小・中学校28か所)の記載、自宅付近のがけ地の有無や複数の避難経路の確認を呼びかけている。また、がけ崩れが発生するメカニズムや大雨が降ってきたときの注意点、災害時の情報収集の方法などが記されている。

 区総務課危機管理担当矢野和秀係長は「一軒一軒の住居がしっかり書き込まれている住宅地図に警戒・危険区域をかぶせる形をとった。分かりやすく、鮮明につくることを心がけた」と話している。

 区は今後、区民に対して防災についての啓発を行う「防災キャラバン」を通して、希望する自治会と6月ごろから勉強会などを行い、マップを使いながら警戒・防災の呼びかけを行っていく方針だ。

 また、マップはWEB上でも見ることができる(【URL】http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/guid/takuchi/gake/hmap/)。

 インターネットを利用できる環境にない人には、区でマップの配布を無料で行っている。

 問合せは区総務課【電話】045・540・2206まで。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

テロ対策協議会を発足

港北警察署

テロ対策協議会を発足

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

9年ぶり甲子園に挑む

慶應義塾高野球部

9年ぶり甲子園に挑む

2月8日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

2月1日号

子育て施設周辺に看板

港北区

子育て施設周辺に看板

2月1日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク