港北区版 掲載号:2012年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

港北区薬剤師会 「高齢者虐待知って」 防止ポスター掲示

社会

「積極的に声がけを」と坂本会長
「積極的に声がけを」と坂本会長

 港北区薬剤師会(坂本悟会長)は今月から、同会に加盟する区内110の薬局内に「高齢者虐待防止ポスター」を掲示し、地域住民への虐待防止の啓もう活動を始めた。

 同ポスターは、港北区役所や港北区医師会、港北警察署などのメンバーで構成される「港北区高齢者虐待防止連絡会」が虐待防止の普及啓発のために作成した。昨年度は港北区医師会に所属する145の内科、整形外科医院に掲示。さらに徹底しようと、今回の取組みとなった。

 坂本会長は「地域貢献の一環として取り組んでいきたい。来店者で、顔に傷があるなど気になる方がいた場合は、積極的に声をかけていきたい」と話している。

 掲示を依頼した港北区は「ポスターを通して、『虐待という問題がある』ということを地域住民に知ってもらいたい。少しでも、気になることがあれば、ひとりで悩まずに相談してもらいたい」と周知への期待を寄せている。

区内虐待数横ばいで推移

 昨年度の区内虐待件数は、新規で見つかったケースが17件。前年以降から続くものが29件と、過去2年(2009年度40件、10年度45件)の件数と比べても横ばい傾向で推移している。ケース別には、身体・精神へのもの、介護放棄などが多く、親の年金を生活費に使い、本人には食事を与えないなどの経済的虐待も増えているという。

 港北福祉保健センター高齢者支援担当は「虐待の内容としては、認知症になった高齢者に対してのものが多い。昨年度、虐待された人の9割が女性。母親と息子の2人暮らしで、親が認知症になり、対応に戸惑う息子によるケースが多かった」と分析している。

 同センターでは、虐待に気づいた場合や本人からの連絡を受け付けている(【電話】045・540・2327)。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

「地域の力、応援します」

港北区

「地域の力、応援します」

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

全国金賞、区長に報告

港北には何が棲む?

ペットとの避難の仕方

「仕事の楽しさ伝えたい」

東横たたみ店

「仕事の楽しさ伝えたい」

2月15日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク