港北区版 掲載号:2013年5月21日号
  • googleplus
  • LINE

自転車交通事故多発地域 港北区5回目の指定 県「防止の啓発進める」

 神奈川県は5月1日、2012年中の自転車交通事故の割合が県内平均より3ポイント以上高い地域、港北区を含む県内17市区町を「自転車交通事故多発地域」に指定した。

 04年から始まったこの指定。港北区は4年連続、5回目の指定を受けることになった。

「車両という意識を」

 区の12年の自転車事故数は、317件で前年対比マイナス37件。負傷者数も284件で前年より57件減っている。ただ、綱島街道の大曽根交差点近くで60代女性の死亡事故は一件発生している。

 港北署では自転車事故件数が減少している要因の1つに「チリリン隊」による啓発活動をあげる。同隊は同署、港北交通安全協会、港北区役所で構成され、市立小学校を中心に、自転車の正しい乗り方、マナーなどを指導している。このほか、自転車の安全利用を促すチラシを作成し、街頭キャンペーンなどで配布している。同署では「自転車は車両という意識を持ってもらいたい。今後も二人乗り、飲酒、信号無視やイヤホンをしながら運転をする人の取り締りを続けていきたい」と話している。

減少傾向にあるが…

 指定地区の12年自転車事故件数は4627件で、県内全体の約50%。自転車に関係する事故は99年をピークに減少傾向にあるものの、全事故に占める割合で見ると、横ばいに推移している。実際、今年1月から3月末現在、1741件の自転車事故が発生し、6人が死亡する(昨年は0人)など、以前憂慮すべき状況が続いている。

 県では「指定地域の関係機関と協力しながら事故を減らすための啓発と普及活動を進めていきたい」と話している。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月29日号

綱島にシニアの相談窓口

横浜市

綱島にシニアの相談窓口

3月29日号

地域と歩んだ軌跡

トレッサ横浜

地域と歩んだ軌跡

3月22日号

食と健康などテーマに

アピタテラス横浜綱島

食と健康などテーマに

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク