港北区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

水循環で自然再生へ 慶大で水マス研修

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
倒木を使って水の循環を誘導
倒木を使って水の循環を誘導

 慶応大学日吉キャンパスの日吉の森で先ごろ、水マス推進サポーターを対象に水マスタープラン研修ウォークが行われた。主催は流域自治体と国が作る鶴見川流域水協議会。

 水マスタープランとは市民、企業、行政が協力し、健全な水循環を作る取り組みのこと。この「水マス」に賛同し、活動を行う団体は同協議会により「水マス推進サポーター」として登録されている。

 当日は、日吉の森にある「一の谷」で、雑木林に浸透する水の循環を助けるために、倒木などを駆使して、水路を確保する作業が行われた。作業後は、教室内で、慶応大学の「日吉丸の会」が進める雑木林の再生と水循環の回復についての説明がなされた。

明るい雑木林に

 「一の谷」は以前、土砂崩れとその後の放置のため、荒れ果てた林と化していた。「私たちは『一の谷』を生き物の賑わいに満ちた明るい雑木林に戻すべく立ち上がった団体です。森林や水辺を再生させれば、豪雨のときに緑の大地の保水力が高まる効果もあります」と同会のスタッフは話した。

水路を確保する作業
水路を確保する作業

港北区版のローカルニュース最新6

核廃絶求め平和行進

核廃絶求め平和行進 社会

今年はウクライナ問題も

5月19日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

自転車事故ゼロ目指し

自転車事故ゼロ目指し 社会

啓発キャンペーン

5月19日号

風景写真など44点を展示

風景写真など44点を展示 文化

フォトクラブひよし

5月19日号

活動の成果、21点披露

活動の成果、21点披露 文化

港北美術区民会展行われる

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook