港北区版 掲載号:2014年6月12日号 エリアトップへ

市営地下鉄ブルーライン 急行運転実施整備 進む 来年7月導入予定

掲載号:2014年6月12日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市交通局が5月14日に発表した「運営方針」。その中で市営地下鉄ブルーライン急行運転の実施に向けた設備改修が上がっている。同局では2015年7月の急行運転導入を目指し、準備を進めている。

設備改修に約1億4千万

 交通局では今年度、ブルーライン急行運転実施のための設備改修に、1億4622万円の予算付けをしている。具体的には、運行管理システムのソフト更新、駅構内に設置されている電光掲示板のリニューアルに充てられる。 

1時間2本検討

 同局によると、急行運転は平日・土休日ともに午前10時から午後4時まで、1時間あたり2本走らせることを検討しているという。湘南台からあざみ野の全区間で、これまでの普通運転から10分程度短縮できる見込みだ。停車駅も現在検討中で、乗換駅となっている主要駅が候補にあがっているようだ。

 また次年度には、ブルーラインがワンマン運転のため自動運転を導入していることから、プログラミング変更の予算が付けられる見込みとなっている。急行運転実施整備をさらに進めていく方針だ。

顧客満足度の向上を

 新羽、北新横浜、新横浜、岸根公園が港北区内のブルーライン停車駅だが、区民の関心も段々と高まりつつあるようだ。日常的に同ラインを利用している錦が丘に住むある女性は「かなり長い路線のため、普通だけだと、時間がかかってしまう。急行が走れば利便性は増すと思う。早々に実現させてほしいですね」と話していた。

 同局では「『以前からブルーラインに急行を』との声があり、顧客満足度を向上させるために取り組んできた。現在は停車駅も含め様々な検討をしているところだが、来年7月をめどに着実に準備を進めたい」としている。

港北区版のトップニュース最新6

「感動させる走りしたい」

武相高出身泉谷駿介選手

「感動させる走りしたい」 スポーツ

陸上110mHで五輪へ

7月22日号

たばこ・コンロの火災、増加

港北区

たばこ・コンロの火災、増加 社会

在宅時間増加も一因か

7月22日号

日吉台中で立ち上げ訓練

医療救護隊

日吉台中で立ち上げ訓練 社会

北部参集拠点の移転後初

7月15日号

区内で事前キャンプ開始

東京オリパラ

区内で事前キャンプ開始 社会

開幕迫る中、2カ所で

7月15日号

巡回放送で熱中症予防へ

港北消防署

巡回放送で熱中症予防へ 社会

児童らアナウンスに協力

7月8日号

日吉駅前に新拠点

図書取次サービス

日吉駅前に新拠点 文化

区内初、来年1月開設予定

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter