港北区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

マークエステル展 日本の精神文化「滲み」油彩で表現 大倉山記念館で4日から

文化

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 フランス人画家・マークエステル・スキャルシャフィキ氏の作品展「日本の精神文化に魅せられて」が2月4日(水)・5日(木)・6日(金)・8日(日)に大倉山記念会館ギャラリーで開かれる。入場無料。午前10時〜午後7時まで。

 外交官だった同氏は、1970年の大阪万博に訪日した際、京都清水寺で水墨画の「滲み」の審美性に触れ、画家に転身。その後油彩で「滲み」を表現する色彩豊かな作風を確立し、現在では世界的高評価を得る画家になっている。

 また、7日には同館で一般は参加できないが、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで学ぶ人たちと日本の大学生が「古事記」についてのディスカッションも行う。

 問合せは(株)H&T【電話】03・6407・4343。
 

港北区版のローカルニュース最新6

献血バス、配車減続く

赤十字血液センター

献血バス、配車減続く 社会

 コロナ禍影響で

6月24日号

「バスの死角に注意」

「バスの死角に注意」 教育

駒林小で交通安全教室

6月24日号

妙蓮寺で6月26日(土)「くらしサポートマーケット」を開催。

【Web限定記事】住まいの松栄「キッチンカープロジェクト」

妙蓮寺で6月26日(土)「くらしサポートマーケット」を開催。 社会

東急・無印良品と連携

6月24日号

脱炭素政策の意見を募集

脱炭素政策の意見を募集 政治

自民党がサイト立ち上げ

6月24日号

職域接種 7月開始へ

県宅建協会

職域接種 7月開始へ 社会

会員、職員ら3千人想定

6月24日号

ダブルケアの集い

ダブルケアの集い 社会

7月8日にどろっぷで

6月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter