港北区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

緑化推進に国交大臣表彰 新羽の公園愛護会

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
公園内で笑顔を見せる米山会長
公園内で笑顔を見せる米山会長

 ユニークな遊具が設置されており「トルネード公園」の愛称で親しまれている新羽丘陵公園―。同公園愛護会が、花と緑の愛護に対する功績が認められ、第26回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受けることが決まった。

 同公園では、1995年から周辺の3町会(中央、中之久保、大竹)と、公園の南側に望める新羽小・中学校のPTAが中心となり活動を開始。2万4131平方メートル(5月15日現在)と広大な広さを誇ることもあり、毎月1回行っている草刈り、花植え活動には約60位人が集まる。園内の草地広場に斜面地には芝桜を植え、同小児童と一緒に花の手入れ。開花時には地域住民らの目を楽しませている。また、地域の緑化に取り組む「花の里づくりの会」、3町内会と協同で記念植樹を行っている。さらに、年間で約300本の竹伐採や、小学校の環境学習と連携したたけのこ掘りや竹炭づくりなどにもチャレンジ。今回、こうした活動が評価された。

 米山幸公園愛護会会長は「このような賞を頂くことになるとは思っていなかった。前会長らが築いてきた体制があったからこそ。子どもたちが安心して遊べるよう自然公園としての良さを残したい」と話した。

 国民的運動としての緑化推進活動の模範として民間の団体を表彰する「みどりの愛護」、市内からは同会のほかに2団体(全国87団体)が選定されている。30日には宮崎県で行われる式典で表彰される。

港北区版のローカルニュース最新6

息子騙る詐欺を防止

息子騙る詐欺を防止 社会

信金職員に感謝状

10月22日号

秋の行事盛りだくさん

10/25から11/1

秋の行事盛りだくさん 文化

芸術祭、ハロウィンも

10月22日号

健康に過ごす秘訣伝授

介護予防講演会

健康に過ごす秘訣伝授 社会

現役医師らが登壇

10月22日号

ホーム開幕戦は黒星

横浜GRITS

ホーム開幕戦は黒星 スポーツ

善戦及ばず

10月22日号

日頃の意識が命を救う

ピンクリボン月間

日頃の意識が命を救う 社会

久保内院長に聞く

10月22日号

自転車盗が多発

【Web限定記事】

自転車盗が多発 社会

2重ロックで防止を

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク