港北区版 掲載号:2015年9月3日号 エリアトップへ

缶バッジで子育て支援 大倉山で200個配布

経済

掲載号:2015年9月3日号

  • LINE
  • hatena
子どもを抱きながらPRをする金子さん(左)
子どもを抱きながらPRをする金子さん(左)

 「子育て応援隊FROMこうほくnetほいっぷ」(深谷育美代表)は8月26日・31日の2日間、大倉山駅構内で「こうほく子育て応援隊缶バッジ」の啓発・配布キャンペーンを実施。駅利用者らに200個以上を配布した。

 港北区地域子育て支援拠点どろっぷの利用者のほか、区内の子育てサークル代表、障害児の保護者などがメンバーで構成される「ほいっぷ」。活動テーマに「子育て当事者だからできること」を掲げ、様々な課題解決の取り組みを検討してきていた。

 その中で、小さな子どもを連れて外出する母親が「手を貸してほしい」と思う時に「迷惑がられてしまうのではないか」などと考えて他人に声をかけにくいという声があがってきた。一方で、困っている母親や保護者が目の前にいるが「面識もないし、声をかけると不審者に思われてしまうのではないかと遠慮してしまう」という声もあがっていた。

 今回のキャンペーンで配布した缶バッジは昨年11月に制作。「こうほく子育て応援隊」とデザインされた缶バッジを胸元などにつけることで、「声掛けをしたい」という双方の思いを可視化するのが狙いだ。

 当日は、駅周辺にのぼり旗を掲げてPRを実施。ほいっぷに所属する金子絵美さんは「子育て世代以外の声掛けにも注力しました。学生や60代前後の主婦の方にも興味を持って頂け、その場でバッジをつけてくれる人もいた」と話した。

 今後は、大倉山以外の区内全域でのキャンペーンを企画しており、啓発拡大のための民間助成金の申請や地域イベントのバザー出店、地域住民へのワークショップ開催などを予定している。缶バッジに関する寄付も受け付けている。問い合わせは、どろっぷ【電話】045・540・7420まで。

配布した缶バッジ
配布した缶バッジ

港北区版のローカルニュース最新6

キャンパスの象徴に

慶応大学

キャンパスの象徴に 社会

日吉記念館、建て替え

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

黄色の絨毯、姿戻る

綱島の河川敷

黄色の絨毯、姿戻る 社会

住民らが菜の花育成 

4月2日号

AIで食品ロス削減可能

パン屋さんケーキ業態に

AIで食品ロス削減可能 社会

来店客数、販売数を予測

4月2日号

4月21日、歌う会中止

4月21日、歌う会中止 社会

港北童謡の会

4月2日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク