港北区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

60kgの米 収穫 100余人が新横浜公園に集う

教育

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
自分で刈った稲穂を手に笑顔の親子
自分で刈った稲穂を手に笑顔の親子

 新横浜公園内の田んぼで先ごろ稲刈りが行われ、新横浜町内会子ども会、太尾・新羽両小学校の子どもたち55人と保護者50人が参加した。主催は鶴見川舟運復活プロジェクトで共催は新横浜町内会。

 刈り取った稲穂は子どもたちが泥んこになりながら5月に植えたもの。鎌を使っての慣れない作業に最初は四苦八苦しながらも、アドバイスを聞きながら笑顔で作業を進めていた。

 参加していた泉陽菜さん(太尾小1年)は「植えた苗が田んぼいっぱいに成長していてびっくりした。稲刈りは難しかったけれど、とても楽しかった」と話していた。

 収穫したのは60kgほどの「マンゲツモチ」という品種のモチゴメで、脱穀した後、来年2月上旬頃に行われる餅つき大会に利用される予定だ。

港北区版のローカルニュース最新6

「IR、横浜のために議論を」

「IR、横浜のために議論を」 政治

新春の集いで酒井市議

2月13日号

2連覇へ、必勝祈願

横浜F・マリノス

2連覇へ、必勝祈願 スポーツ

リーグ開幕戦は23日

2月13日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

「信頼される活動続ける」

「信頼される活動続ける」 政治

新春つどいで嶋村県議

2月6日号

春のジャズフェスタ

3月22日、大倉山記念館

春のジャズフェスタ 文化

2月6日号

「北西線」全線を初公開

市・首都高共同事業

「北西線」全線を初公開 社会

開通は3月22日

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク