港北区版 掲載号:2016年3月3日号 エリアトップへ

放火、今年に入り急増 港北消防署、警戒強める

社会

掲載号:2016年3月3日号

  • LINE
  • hatena

 放火(疑いを含む)が原因となる火災が区内で増加している。今年1月1日から2月21日現在で7件。昨年の年間17件の半数に迫る状況だ。港北消防署は「放火をされない環境づくりを意識して欲しい」と警笛を鳴らしている。

 港北消防署(武笠基和署長)によると、区内で発生した昨年一年間の放火火災件数は17件。樽町、日吉本町、高田西などの地区で自転車や枯草、自動販売機が燃やされるなどの被害がでた。2014年の22件(年間)から減少傾向となっていたが、今年は1月末から件数が増加。2月21日現在で、既に昨年の半数に迫っている状況だという。

同一犯の可能性

 これまでに火災被害が報告されているのは7件。1月31日には大豆戸町で深夜から明け方にかけて3件の連続火災が発生した。「店舗屋外にあったのぼり旗」「自動販売機脇に設置されていたごみ箱」「ごみ収集所の防鳥ネット」など、燃やされたものは様々だが、発生場所が近く、また時間帯も集中していることから「同一犯による放火の可能性が高いのではないか」と同署は推定している。

 そのほかにも、同日午後の綱島東では「私道に置かれた雑誌」や、2月中旬にも不審火が原因の火災が発生しており、同署は警戒を強めている。

巡回パトロール実施

 連続火災発生後同署は、消防団(伊藤武夫団長)と共同による夜間を中心とした1週間に渡る巡回パトロールを2月中に2度行った。さらに、防災関係の啓発チラシを作成。自治会町内会の掲示板に啓発チラシを掲示するなど防火対策活動に取り組んでいる。

 署の担当者は、「屋外に燃えやすい物を置かないことが重要。また、ごみ収集日以外にごみを出さないなど、放火されない環境づくりを意識してほしい」と注意を呼びかけた。

春の火災予防運動

 1日〜7日までの期間は春の火災予防運動。同署では「ワゲン新横浜・新横浜さわやか苑」で2日、応援協力者と連携して有効適切な活動を図ることを目的とした総合訓練を実施した。

 また、同署は朝日新聞販売店(13年12月)や郵便局(15年8月)と、火災発生時に119番通報などを行う協定を締結しており、地域の見守りを強化している。

港北区版のトップニュース最新6

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

野菜作りで福祉に寄与

市民団体「コスモス畑」

野菜作りで福祉に寄与 社会

地域作業所と販売会共催

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook