港北区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

しのはら保育園児 野菜作りで環境学ぶ 生ごみ活用土に苗付け

教育

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
職員と一緒に苗を植える女児
職員と一緒に苗を植える女児

 生ごみの再利用を目的に、土壌混合法による土を使用した野菜の苗付けが19日、篠原町にある「マーマしのはら保育園」で行われた。市資源循環局港北事務所が企画したもので、市のごみ減量プラン「ヨコハマ3R夢(スリム)」の推進が目的。

 土壌混合法とは、土に生ごみを混ぜることで土の中の微生物がごみを分解し、良質な土になるという一石二鳥の方法。同園では、給食から出た野菜くずや食べ残しなどを利用して、昨年11月から土づくりをしていた。

 当日は、年長組の園児30人が参加。プランター20個分の土が用意され、資源循環局職員の説明を聞いたあと、ナスやピーマンの苗付けが行われた。園児たちは珍しい体験に興味津々の様子で苗付けを楽しんだ。これらは同園スタッフらで育て、夏ごろに収穫、園の調理実習でカレーライスの食材に使用する予定だという。

 リデュース(発生抑制)、リサイクル(再資源化)、リユース(再利用)の3つのごみ減量行動を表す「ヨコハマ3R夢」。同事務所の担当者は「子どものうちからごみの再利用について知ってほしかった。苗付け体験も食育の一環として良いのでは」と話した。

港北区版のローカルニュース最新6

音の旅から絵を紡ぐ

音の旅から絵を紡ぐ 社会

大倉山でコンサート

6月17日号

市が返礼品募集

ふるさと納税

市が返礼品募集 経済

6月30日まで

6月17日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

7・8月対象日が特別料金

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

桃色の珍花が色づく

桃色の珍花が色づく 社会

下田町・望月さん

6月17日号

ポステコグルー監督が退任

横浜FM

ポステコグルー監督が退任 スポーツ

15年ぶりⅤの立役者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter