港北区版 掲載号:2016年7月7日号 エリアトップへ

横浜市 防犯カメラ設置に補助金 自治会などが対象

社会

掲載号:2016年7月7日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が、自治会・町内会などを対象とした、防犯カメラ設置補助金制度の新設を準備していることがわかった。自治会に対し6月中、設置意向を確認するアンケートを実施。希望台数から予算額を把握した上で、議会の議決を経て今年度中に制度成立を目ざす考えだ。

 市が市民に説明した資料によると、補助は神奈川県の制度も上乗せされて行われる。補助率は県が10分の5、市が10分の4を補助し、残りの10分の1を自治会が負担する(詳細別表)。上限額は32万4千円。

 補助対象は、防犯カメラ購入と設置工事費、設置を示す看板の取り付け費用。電気料金などの維持管理費は対象外となる。一団体の台数制限はない。

 制度成立に向け市は、6月の横浜市町内会連合会や各区の連合会の定例会で、防犯カメラ設置の希望を確認するシートを配布。7月25日までに区へ提出されたシートをもとに、台数や必要となる予算額を算定するとみられる。

県の制度変更受け対応

 これまで自治会などへの防犯カメラ設置補助は、県の1台8万円を上限とする直接補助のみだったが、県は今年度、市町村の制度に上乗せする間接補助に変更。予算も昨年度の358万円から2880万円に増額した。県が目安とする1台36万円のカメラで、160台分となる。

 市町村に補助制度がない場合は、県の補助が受けられないため、県内では各市町村が同様の制度設計を急いでいる。

 いち早く4月から開始した相模原市は、今年度予算に40台分となる576万円を計上。6月末時点で6団体22台分を県に申請したという。補助率は横浜市と同じ全体で10分の9に設定しており、「相談や問合せは多くある」と担当者は話す。

「1割負担なら歓迎」

 説明を聞いた市内町会長の一人は「まちの安全を守るのに防犯カメラは心強い。もともと設置したいという声はよく聞く。1割負担なら手を挙げるところは多いのではないか」とみる。

 市は「現在自治会等に意向を確認しているところで、あくまで検討段階」とし、今後は寄せられた要望をもとに、新設に向けた最終判断をするものとみられる。

港北区版のトップニュース最新6

DL(ダウンロード)数1万5千超

港北区防災アプリ

DL(ダウンロード)数1万5千超 社会

意識の高まり反映

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

「住んで良かった港北に」

「住んで良かった港北に」 政治

栗田区長 区政を語る

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

3,293人が船出

港北区の新成人

3,293人が船出 社会

13日、横アリで式典

1月1日号

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク