港北区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

(PR)

欠損治療はインプラント? かず歯科医院に相談多数

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena

 「前歯の差し歯が抜けてしまった。インプラント、入れ歯、ブリッジどれがいいだろう?」

 前歯は目立つことから、審美的に悩む人も多く、大倉山駅前にある『かず歯科医院』(鈴木和夫院長)にもこうした相談が寄せられるという。 

 鈴木院長は「それぞれ一長一短があります」としたうえ上で「私はインプラントを選択肢の第一にあげたいと思います」と話す。

 その理由を鈴木院長は、入れ歯は取り外しの煩わしさと噛みあわせに不具合が生じやすいこと、ブリッジは健康な歯を削らなければいけないことをあげる。一方インプラントは自由診療に加え、オペを必要とするが、「第二の永久歯」といわれるほど、安定的で審美性 を保てるという。「総合的な観点からもインプラントはメリットが多い治療法といえます」と語る。

5700本を埋入

 鈴木院長は神奈川歯科大卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後、都内インプラントセンターに10年以上勤務し、これまでに5700本を超えるインプラント埋入実績を持つ(1997年4月〜2015年1月末日)。院内整備を重要視しており、歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。また、万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。 

 鈴木院長は「当院では始めに総額をお示しし、それ以上の費用はかかりません。気軽に相談を」と話す。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

衣服の整理のコツは

衣服の整理のコツは

年末の「やめる3カ条」

11月26日号

「大切なのは、患者様と医師の信頼関係」

インプラント

「大切なのは、患者様と医師の信頼関係」

かず歯科医院、鈴木院長に聞く

11月26日号

疲労には免疫力アップ

トータルケア綱島

疲労には免疫力アップ

「コロナに負けない身体づくりを」

11月26日号

入居時費用は840万円〜 昼食付見学会

東急不動産HDグループの介護住宅「クレールレジデンス横浜十日市場・ケアフロア」

入居時費用は840万円〜 昼食付見学会

 12月13日(日)まで開催 完全予約制で申込受付中

11月26日号

「耳鼻咽喉」と「心」を整える

”コロナ時代を乗り越える”ために― 横浜駅西口すぐ「横浜クリニック」

「耳鼻咽喉」と「心」を整える

12月12日(土)、耳鼻いんこう科医師の無料講座

11月26日号

新しい供養のかたち

新しい供養のかたち

妙蓮寺の永代供養墓

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク