港北区版 掲載号:2016年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

欠損治療はインプラント? かず歯科医院に相談多数

 「前歯の差し歯が抜けてしまった。インプラント、入れ歯、ブリッジどれがいいだろう?」

 前歯は目立つことから、審美的に悩む人も多く、大倉山駅前にある『かず歯科医院』(鈴木和夫院長)にもこうした相談が寄せられるという。 

 鈴木院長は「それぞれ一長一短があります」としたうえ上で「私はインプラントを選択肢の第一にあげたいと思います」と話す。

 その理由を鈴木院長は、入れ歯は取り外しの煩わしさと噛みあわせに不具合が生じやすいこと、ブリッジは健康な歯を削らなければいけないことをあげる。一方インプラントは自由診療に加え、オペを必要とするが、「第二の永久歯」といわれるほど、安定的で審美性 を保てるという。「総合的な観点からもインプラントはメリットが多い治療法といえます」と語る。

5700本を埋入

 鈴木院長は神奈川歯科大卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後、都内インプラントセンターに10年以上勤務し、これまでに5700本を超えるインプラント埋入実績を持つ(1997年4月〜2015年1月末日)。院内整備を重要視しており、歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。また、万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。 

 鈴木院長は「当院では始めに総額をお示しし、それ以上の費用はかかりません。気軽に相談を」と話す。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版のピックアップ(PR)最新6件

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク