港北区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

小机小 中国児童と交流深める 習字や剣玉通じ笑顔に

教育

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
習字のワークショップで和平小児童(手前)と触れ合う小机小児童
習字のワークショップで和平小児童(手前)と触れ合う小机小児童

 横浜市立小机小学校(田代千佳子校長)の児童は7月14日・15日、来日した中国の和平小学校の児童と防犯教室やワークショップ等を通して触れ合った。昨年に続く2回目の取組み。前回と比べ内容の幅が広がるなど、両校児童の交流が深まっている。

 異なる文化や考え方に触れることで、子どもたちが国際的な感覚を持つとともに、視野を広げてもらおうと実施された取組み。マーチングバンド活動が盛んな両校に共通の指導者がいたことから、和平小の要望により交流が始まった。

 マーチングバンド活動の一環として1日のみ行われたのが昨年7月の第1回目。そして「もっと触れ合いの場を広げたい」(田代校長)との思いが今年の第2回目につながった。

 14日に小机小を訪れたのは、北京市海淀区和平小学の4、5年生児童22人と教員ら。中学年の防犯教室参観を始めとし、4校時目には4年生児童とのワークショップに臨んだ。通訳は、小机小卒業生の保護者が務めた。

 ワークショップの内容は剣玉、折り紙、習字。習字のワークショップでは、中国児童を交えた数人グループに分かれ、皆、思い思いに作品を仕上げていった。

 あるグループでは、「日本」「北京」「横浜」「小机」など互いに縁の地名を書き、書き終えると交換していた。両小学校の児童は教員の指示がなくとも、身振り手振りで相手に気持ちを伝えるなど、積極的に交流を深めている様子だった。

 ワークショップ後には、レクリエーションや歌などで、小机小全校児童を対象に交流、また、翌15日にはマーチングバンドの合同演奏等も実施された。

「子どもの純粋さ再認識」

 言葉が通じなくても自然に笑顔で接する両国の子どもたちを前に田代校長は「子どもたちの純粋さを再認識した。言葉が分からなくても心が通じた合った様子。来年以降も交流を続け、関係を深めていけたら」と目を細めていた。

港北区版のトップニュース最新6

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

創立50周年で記念式典

港北高校

創立50周年で記念式典 社会

応援ソングも披露

11月28日号

父親目線で子育て支援

papakoso

父親目線で子育て支援 社会

30日、岸根公園でイベント

11月28日号

フィリピンで障がい者支援

菊名出身の杉山さん

フィリピンで障がい者支援 社会

来日し現地の活動を報告

11月21日号

駅前に英国風花壇

綱島の市民団体

駅前に英国風花壇 社会

東急の助成金受け整備へ

11月21日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク