港北区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

区社協 子ども支援団体を調査 区連会定例会で報告

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena

 区社会福祉協議会は9月の区連合町内会定例会で「地域における子どもの居場所づくりサポートモデル事業」調査結果を報告した。区内では22団体(7月31日現在)が子どもに居場所を提供していることが発表された。

 同事業は子どもたちが安心できる居場所を作ることで、貧困や虐待などの問題を抱えた児童に気付き、地域や関係団体が連携して解決するための取組みを行うことが目的。市子ども青少年局と市社会福祉協議会が中心に進めている。市内では子ども食堂やフリースペースなどを取組む団体が昨年度時点で98団体。こうした活動団体や行政などの関係機関、住民からは「活動資金が足りない」「地域にどのような活動があるのか分からない」「立ち上げたい、手伝いたい」などの声が上がっており、双方のネットワークを築くことが課題とされている。港北区は今年度、来年度のモデル区に選出された。

 同事業の取組みは▽活動団体の把握と関係づくり▽立ち上げや活動の継続に向け、資金、場所の確保など支援ツールを整理▽区、区社協と地域の連携強化▽支援が必要な児童、関係機関、地域住民のネットワークづくり――。区内では活動事例の調査が行われ、22団体が存在することが確認された。活動分類は、子ども(地域)食堂7カ所、学習支援3カ所、フリースペース12カ所。また団体種別は地域住民、NPOやボランティア、企業。なかでもNPOやボランティアによる取組みが多く、区内の中心である大倉山に集中している傾向がある。

 10月で開店1周年を迎えた、ごはん屋「MOGU」(中川陽子オーナー)は、孤食解消に特化した地域食堂。子どもには500円で食事を提供しており、部活の後などの中高生、親の帰りを待つ小学生などが訪れる。学校での悩みを相談する児童が増えており、自然に打ち明けられる空間になっていったという。

 鯛ヶ崎公園プレイパーク(青博孝代表)は、火を使った遊びや木工など子どもたちが希望する遊びが行えるフリースペース。2人のプレイリーダーが常駐しており、遊具を仕掛けてくれる。家庭や学校での悩みを共有したり、話し合ったりしている姿が見受けられ「自分だけじゃない」と自己肯定感を育むことができる場所でもあるという。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

広報誌、刊行25周年

港北区スポ進

広報誌、刊行25周年 社会

区民の運動と健康支える

5月7日号

ワクチン接種、準備進む

港北区

ワクチン接種、準備進む 社会

シミュレーション実施

4月29日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月29日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter