神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2017年10月19日 エリアトップへ

大倉山三丁目 車両速度低減の実証実験 道路上に段差を設置

社会

公開:2017年10月19日

  • LINE
  • hatena
現在設置されている狭さくとハンプ
現在設置されている狭さくとハンプ

 大倉山三丁目の生活道路で現在、車両の走行速度を低減させる実証実験を実施している。ハンプと呼ばれる台形状の段差などを道路上に設置するもので、市道路局によると、このような取組みは県内でも初の試みだという。

 大倉山三丁目での実証実験は、国交省が2016年度に速度や急加減速などの履歴を記録する機能を持つETC2.0搭載車両から得たビッグデータ(約800台分)によって速度超過や急ブレーキが多発する生活道路を特定し決定された。東急東横線の西側を南北に延びる法定速度30Kmの生活道路なのだが、ビッグデータの分析結果を見ると、多くの箇所で急減速の多発が見られ、また大倉山駅から環状2号線に向う南側に行くにつれて速度超過になる傾向が確認できる。対歩行者や自転車との事故も多く、車両速度が時速30Kmを超えると、被害者が死亡に至る確率が急上昇するデータもある。

対策検討会を設置

 これらのデータをもとに今年2月、同地域の自治会・PTA・商店街のほか警察、横浜市、国土交通省らで組織された「大倉山三丁目地区 車両速度抑制対策検討会」が発足した。検討会では各種データに基づいて状況を確認。「抜け道として使うような、地元の人以外の車がスピードを出すのでは?」「周辺には店舗もあり、荷卸しのために駐車する車への配慮も必要では?」「生活道路での車両速度を30Km以下にする重要性がわかった」などの意見交換がされたという。9月の検討会では設置予定のハンプを会メンバーも体験した。

設置後ブレーキの車両も

 実証実験開始となった10月5日、4カ所に狭さくを設置。約4mの車両通行部分の両脇を0・5mずつ狭くすることで速度抑制を図る。また、そのうち2カ所に幅3m・長さ6m・高さ10cmのハンプ(台形状の段差)を設置した。市の担当者によると、設置後すぐに狭さくやハンプ手前でブレーキを踏む車両が多く見られたという。今回の実証実験は11月1日まで実施。期間中はビデオ撮影による交通状況調査のほか、近隣1500世帯へのアンケート調査も行われる。結果については18年1月開催予定の検討会で共有し、次年度に向けた取組みを検討するとしている。

 検討会のメンバーで大倉山明和会の飯山精三会長は「今回の実験の結果が良いものになることを願っている。取組みを通して、地域住民が安全で安心して暮らせる街になれば嬉しい」と話した。

港北区版のトップニュース最新6

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

働き方改革関連法うけ

7月18日

ショートムービー募る

港北区役所

ショートムービー募る

区の魅力を映像で

7月18日

県選抜、全国に挑む

女子学童野球

県選抜、全国に挑む

区内在住・馬場奏良さん

7月11日

パラ五輪の舞台へ

男子水泳川渕大耀さん

パラ五輪の舞台へ

「タイムも順位も狙って」

7月4日

関東大会で技能賞

チアRAINBOWS!

関東大会で技能賞

体格差生かした演技

7月4日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月27日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook