港北区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

大倉山三丁目 車両速度低減の実証実験 道路上に段差を設置

社会

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
現在設置されている狭さくとハンプ
現在設置されている狭さくとハンプ

 大倉山三丁目の生活道路で現在、車両の走行速度を低減させる実証実験を実施している。ハンプと呼ばれる台形状の段差などを道路上に設置するもので、市道路局によると、このような取組みは県内でも初の試みだという。

 大倉山三丁目での実証実験は、国交省が2016年度に速度や急加減速などの履歴を記録する機能を持つETC2.0搭載車両から得たビッグデータ(約800台分)によって速度超過や急ブレーキが多発する生活道路を特定し決定された。東急東横線の西側を南北に延びる法定速度30Kmの生活道路なのだが、ビッグデータの分析結果を見ると、多くの箇所で急減速の多発が見られ、また大倉山駅から環状2号線に向う南側に行くにつれて速度超過になる傾向が確認できる。対歩行者や自転車との事故も多く、車両速度が時速30Kmを超えると、被害者が死亡に至る確率が急上昇するデータもある。

対策検討会を設置

 これらのデータをもとに今年2月、同地域の自治会・PTA・商店街のほか警察、横浜市、国土交通省らで組織された「大倉山三丁目地区 車両速度抑制対策検討会」が発足した。検討会では各種データに基づいて状況を確認。「抜け道として使うような、地元の人以外の車がスピードを出すのでは?」「周辺には店舗もあり、荷卸しのために駐車する車への配慮も必要では?」「生活道路での車両速度を30Km以下にする重要性がわかった」などの意見交換がされたという。9月の検討会では設置予定のハンプを会メンバーも体験した。

設置後ブレーキの車両も

 実証実験開始となった10月5日、4カ所に狭さくを設置。約4mの車両通行部分の両脇を0・5mずつ狭くすることで速度抑制を図る。また、そのうち2カ所に幅3m・長さ6m・高さ10cmのハンプ(台形状の段差)を設置した。市の担当者によると、設置後すぐに狭さくやハンプ手前でブレーキを踏む車両が多く見られたという。今回の実証実験は11月1日まで実施。期間中はビデオ撮影による交通状況調査のほか、近隣1500世帯へのアンケート調査も行われる。結果については18年1月開催予定の検討会で共有し、次年度に向けた取組みを検討するとしている。

 検討会のメンバーで大倉山明和会の飯山精三会長は「今回の実験の結果が良いものになることを願っている。取組みを通して、地域住民が安全で安心して暮らせる街になれば嬉しい」と話した。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

広報誌、刊行25周年

港北区スポ進

広報誌、刊行25周年 社会

区民の運動と健康支える

5月7日号

ワクチン接種、準備進む

港北区

ワクチン接種、準備進む 社会

シミュレーション実施

4月29日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月29日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter