港北区版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

つきたての餅振る舞う 菊名東口商栄会

経済

 「よいしょー、よいしょー」と、威勢の良い掛け声が菊名駅東口に響いた。

 76の店舗が加盟する菊名東口商栄会(鈴木正会長)は12月17日、30年以上続いているという年末恒例の餅つきを行った。

 これは同商店街の歳末売出しの一環。当日は120kgのもち米が用意され、蒸籠で蒸されたもち米を同会会員が順番についた=写真。つきあがった餅はあんこやきな粉、おろしなどがまぶされその場で販売。会場ではつきたての餅を買おうと、周辺住民らが長打の列を作る光景が見られた。

 また、歳末セールで発行された餅の引換券を持参した人には、無料で振る舞われた。

関東労災病院 市民公開講座

膵がん・胃がん・貧血について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

新横浜プリンスペペ

ワゴン祭1月12・13・14日 ワゴンSALE限定価格でさらにお得!

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク