港北区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

2018年度港北区予算案 防災・スポーツ推進等に注力 自主予算1億1174万円

経済

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 2018年度の港北区の自主企画事業予算案が示された。防災やスポーツ推進、子育て事業などに1億1174万5000円が計上されている。新たにラグビーや子育て関連のイベント開催などの事業が盛り込まれる。

 自主企画事業費は▽安心して暮らせるまちづくり▽活気にあふれるまちづくり▽地域で支えあう福祉・保健のまちづくり▽組織力・職員力の発揮による住民サービスの向上――の4項目で構成されている。

防災に向けた整備

 「災害に強いまちづくり推進事業」の一環として、避難所の備品整備が新たに行われる。今年度から「自動ラップ式簡易トイレ」を各1台ずつ、「段ボールベッド」を各5床ずつ設置。20年までに28の地域防災拠点全てへの整備が完了する予定。16年に起こった熊本地震において、避難生活によるストレスや病院の機能低下による病気の悪化で亡くなる「震災関連死」の死者数が多大に。これを踏まえ、長期避難生活におけるストレス軽減などを視野に整備されるという。

 また、17年度に製作された「港北区防災情報アプリ」の運用を開始する。3月中に完成及び配信予定。利用者の意見を聞き取り、随時更新していくという。

スポーツで機運醸成

 2019年開催のラグビーワールドカップの周知を目的に、区体育協会や学校と連携してラグビー関連の新たな事業を盛り込む。

 小学校には、市の指導要綱にも含まれているタグラグビーの実施を促進。小学生向けの大会「小学生タグラグビー港北カップ(仮称)」や体験教室なども開催する計画だ。また、体験教室を行った学校を中心に、港北区オリジナルデザインのラグビーボールを贈呈する。9月から11月は「ラグビーワールドカップ2019(TM)応援月間」とし、区内の諸施設で関連イベントを行うという。

子育て事業手厚く

 港北区では未就学児の人口が増加中。なかでも20〜30代の転入者が多く、出生数の約6割が第1子であることから、「子どもへの対応の仕方が分からない」という悩み相談が多くあった。そのため新しく開始されるのが、ペアレントトレーニング事業。「こども家庭支援相談」を受けた人を対象に、臨床心理士が3歳前後の子どもへの褒め方、叱り方などを教えてくれる。

 また、区福祉保健センターと地域子育て支援拠点が連携して妊娠期から子育て期までサポートする「子育て世代包括支援センター」を設立。同センター内には新たに「母子保健コーディネーター」が配置される。妊娠届出提出時から、一人ひとりと面談し、個々人に合ったイベントや制度を紹介するマイカレンダーを作成してくれる。

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク