港北区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

ケアプラの役割伝える COCOしのはらで講演

社会

福嶺所長の話に耳を傾ける参加者
福嶺所長の話に耳を傾ける参加者
 NPO法人びーのびーの(奥山千鶴子理事長)が運営する地域福祉交流スペース、COCOしのはらで6月26日、地域を知り、交流の輪を広げるイベント「第11夜COCOプレミアムナイト」が行われた。今回のテーマは「知って得するケアプラザ活用法」。篠原地域ケアプラザの福嶺典子所長が講師となった。

 参加したのは地域住民ら約15人。地域ケアプラザの機能や目的、具体的な利用方法などについて紹介する福嶺所長の話に真剣に耳を傾けていた。

 講演を終え、福嶺所長は「『(地域ケアプラザに)気軽に相談に行っていいんだ』という声もあった。これからも顔見知りの関係づくりを進め、地域の役に立ちたい」と話していた。

 奥山理事長は「この企画を通じ、地域の輪が広がっていけば」と振り返った。

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク