港北区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

横浜産ホップ 今季、初収穫 高田町 古川原農園で

社会

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena
収穫直前のホップ(8月2日撮影)
収穫直前のホップ(8月2日撮影)

 昨年、地元産のホップを使った初の横浜産地ビールづくりに使用されたのが、高田町の古川原農園で栽培された「横浜産ホップ」。

 今年も8月2日に初収穫が行われ、ビール醸造会社の(株)横浜ビール(中区)の社員らが手伝い、約2kgのホップを収穫。「生のホップは半日で香りが飛んでしまう」ため、収穫後すぐ、冷蔵保存したホップを醸造所に運び、仕込みを行った。9月上旬頃に(株)横浜ビールの直営店レストラン等で販売される予定だ。

 「ホップ」とは、ビールの苦み成分となる原料で、近年では、生のままの採れたてホップを使用して仕込んだビールが注目されている。

収穫量、倍に

 今年は春から気温が高く「成育が早かった」と、同園の古川原琢さん。株を3本から6本に増やしたことで、昨年の倍量の収穫を見込んでおり、川崎市のビール醸造会社ブリマー・ブルーイング(株)にも出荷予定だという。「来年は一緒に栽培する仲間をふやせれば」と今後の目標を語った。

ホップを手にする古川原さん
ホップを手にする古川原さん

港北区版のローカルニュース最新6

”身近な光”の写真展

”身近な光”の写真展 文化

日吉で来春まで

11月19日号

大倉山エルム通り商店会プレミアム付商品券が使えるお店

ビジネスコンで特別賞

横浜医療情報専門学校

ビジネスコンで特別賞 教育

リハ現場支援ツール開発

11月19日号

プレミアム付食事券、発売

GO TO Eat

プレミアム付食事券、発売 経済

LINEやコンビニで

11月19日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク