港北区版 掲載号:2018年8月16日号
  • LINE
  • はてぶ

横浜産ホップ 今季、初収穫 高田町 古川原農園で

社会

収穫直前のホップ(8月2日撮影)
収穫直前のホップ(8月2日撮影)
 昨年、地元産のホップを使った初の横浜産地ビールづくりに使用されたのが、高田町の古川原農園で栽培された「横浜産ホップ」。

 今年も8月2日に初収穫が行われ、ビール醸造会社の(株)横浜ビール(中区)の社員らが手伝い、約2kgのホップを収穫。「生のホップは半日で香りが飛んでしまう」ため、収穫後すぐ、冷蔵保存したホップを醸造所に運び、仕込みを行った。9月上旬頃に(株)横浜ビールの直営店レストラン等で販売される予定だ。

 「ホップ」とは、ビールの苦み成分となる原料で、近年では、生のままの採れたてホップを使用して仕込んだビールが注目されている。

収穫量、倍に

 今年は春から気温が高く「成育が早かった」と、同園の古川原琢さん。株を3本から6本に増やしたことで、昨年の倍量の収穫を見込んでおり、川崎市のビール醸造会社ブリマー・ブルーイング(株)にも出荷予定だという。「来年は一緒に栽培する仲間をふやせれば」と今後の目標を語った。

ホップを手にする古川原さん
ホップを手にする古川原さん

港北区版のローカルニュース最新6件

篠原教会クリスマスコンサート

12月15日14時開演 妙蓮寺5分 プロゴスペル歌手の歌声を

http://shinohara-church.main.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「華の会」コンサート幕開け

「華の会」コンサート幕開け

港北合唱倶楽部が企画

11月27日~11月27日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク