港北区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

港北消防署 新横浜駅でテロ対策訓練 関係機関との連携強化

社会

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
負傷者役を救助する消防士ら
負傷者役を救助する消防士ら

 港北消防署(安江直人署長)は、来年にせまったラグビーW杯やその後の東京五輪を見据え、災害発生時における即応体制の確立及び関係機関との連携強化を図るため、11月9日、新横浜駅で関係機関との合同テロ災害対応訓練を実施した。訓練には、通常戸塚区に配置されている大型除染システム搭載車も投入した。

 訓練想定は、JR新横浜駅2階交通広場で何者かが毒劇物を散布し、多数(10数人)の負傷者が発生したというもの。

 港北警察署員が扮した犯人役が確保された後、負傷者役として訓練に参加した篠原町自治会の住民らを防護服を着た消防士らが救助。エアー式除染テントで、毒劇物の除染を行い、済生会横浜市東部病院の救急医療チームによる病院搬送までを実施した。

 篠原町自治会から訓練に参加した増永けい子さんは「緊張したが、貴重な体験だった」と話し、石川吉浩自治会長は、「役に立つ機会がないことを祈るが、万一の場合の練習になれば」と訓練を振り返った。

港北区版のローカルニュース最新6

キャンパスの象徴に

慶応大学

キャンパスの象徴に 社会

日吉記念館、建て替え

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

黄色の絨毯、姿戻る

綱島の河川敷

黄色の絨毯、姿戻る 社会

住民らが菜の花育成 

4月2日号

AIで食品ロス削減可能

パン屋さんケーキ業態に

AIで食品ロス削減可能 社会

来店客数、販売数を予測

4月2日号

4月21日、歌う会中止

4月21日、歌う会中止 社会

港北童謡の会

4月2日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク