港北区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

小机小 中国・和平小と交流深める 現地児童が4度目の来校

教育

笑顔でジャンケンする児童
笑顔でジャンケンする児童

 横浜市立小机小学校(田代千佳子校長)は1月28日、中国の和平小学校の児童との交流会を開催した。今回で4回目となった両校の交流。レクリエーションなどを通し、国境を越えた親交が深まっている。

 両校は、2016年のマーチンバンド活動での交流をきっかけに、一昨年には友好交流に関する協定を締結。児童たちの異文化への理解を深めるため、つながりを強化してきた。小学校単位で外国の学校との接点を持つ例は市内でも稀だという。

 当日のプログラムは小机小の児童たちが自ら企画。ドッジボールではジャスチャーを交えながら、ボールを譲り渡す場面も。ジャンケンゲームでは最初はタイミングを合わせるのに苦労するも、「ワン・ツー・スリー」の掛け声で次第に息も合い、体育館に子どもたちの笑顔が広がった。最後には手作りのプレゼントを交換し、感謝の気持ちを伝え合った。

 好きな日本語は「ありがとう」と言う和平小の韓鳳竹君(6年)は、「ドッジボールが楽しかった」と振り返り、「必ずまた日本に来たい」とにっこり。

 小机小の笠原侑香さん(4年)は、「ジェスチャーなどで打ち解けることができてよかった」と語り、「中国のことをもっと知りたい」と意気込んだ。

 「異なる言語・文化を持つ相手と触れ合うことは貴重な体験」と語るのは田代校長。これまでも手紙でのやりとりなど様々な形の交流の機会を作ってきたが「今後も児童が国際的な視野を持てるように、積極的に親睦を深めていきたい」とさらなる意欲を見せた。

港北区版のトップニュース最新6件

各事業円滑化へ新事務所

綱島駅東口周辺

各事業円滑化へ新事務所

4月18日号

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月18日号

「発展に向け、躍動する年に」

福地氏・嶋村氏、トップ当選

統一地方選港北区

福地氏・嶋村氏、トップ当選

4月11日号

外国人材 受入体制強化へ

横浜市

外国人材 受入体制強化へ

4月4日号

まちの歴史、語り継ぐ

区制80周年

まちの歴史、語り継ぐ

4月4日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌う会が150回

歌う会が150回

4月23日、港北公会堂

4月23日~4月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク