港北区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

専門学生 ビル火災脱出ゲーム開発 VRで避難行動を体験

文化

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
ゲームを開発した学生たち
ゲームを開発した学生たち

 岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校(三辻訓校長)ゲーム科の学生が、横浜市消防局・横浜市民防災センターと連携し、「VR(仮想現実)を活用したビル火災脱出体験ゲーム」を開発した。防災普及啓発活動などでの活用が期待される。

 開発を担当したのはリーダーの岡本大樹さん、三浦功樹さん、阿部広さん、佐藤雄介さん、三澤和斗さんの計5人の3年生たち。ゲームのストーリーは実際の会場となる横浜市防災センターが舞台。同施設での火災発生を想定し、様々な避難行動を繰り返し非常口からの脱出を目指す。

 こだわったのはリアリティ。建物や炎の燃え方など細部までなるべく現実に近づけた。なかでも一番苦労したのは、煙が充満する部屋で煙を吸い込まないようしゃがんで行動する場面。当初は、ボタン操作でしゃがむ仕様だったが、「実際の動きに近づけたい」(岡本さん)と、下を向くとしゃがむように変更。シンプルな操作にすることで小さな子どもでも分かりやすく避難行動を学べる。

 スマートフォンとゴーグル・コントローラーがあれば手軽に体験できるため今後は小中学校での利・活用も見込む。ゲームの開発を監修した同センターの消防司令補、吉川裕太さんは「楽しく防災について学ぶという、やりたかったことを形にしてくれた」と笑顔。

 ゲームは同センターで4月2日から体験可能(現在プレ体験開催中)。詳細は同センター【電話】045・312・0119へ。

消火体験時のゲーム画面の一部
消火体験時のゲーム画面の一部

港北区版のトップニュース最新6

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月19日号

WEBで地域交流促進

港北区

WEBで地域交流促進 社会

町会・団体 活動を一覧に

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

学生が地元に活力

南日吉商店会

学生が地元に活力 社会

“勉強”で交流深める

9月12日号

学校の枠超え対外活動

「チーム北綱」

学校の枠超え対外活動 社会

ボッチャ大会に出場へ

9月5日号

浜なし「幸水」で最優秀賞

新羽町の三橋さん

浜なし「幸水」で最優秀賞 社会

果樹の持寄品評会

9月5日号

全国の舞台で7連覇

太尾小マーチングバンド

全国の舞台で7連覇 教育

31日、地域で演奏披露

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 限界を決めず、その先へ

    港北区企業レポート【2】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

    限界を決めず、その先へ

    東京プロト株式会社

    9月19日号

  • 絶えず新しいものを

    港北区企業レポート【1】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

    絶えず新しいものを

    トーレック株式会社

    9月5日号

  • 英王者と熱戦を展開

    英王者と熱戦を展開

    飯倉選手がラストマッチ

    8月1日号

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク