港北区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

綱島東一丁目 新たな街づくりへ前進 住民らへ、都市計画説明会

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
熱心に説明を聞く参加者
熱心に説明を聞く参加者

 横浜市は6月14日、綱島地区センターで綱島東一丁目地区の都市計画変更に関して、「都市計画市素案説明会」を開催した。市の説明に対し、参加者からは活発に質問が飛び議論が交わされた。住民と一体となった新しい街づくりが期待される。

 東急新横浜線の新綱島駅(仮称)の整備が予定されている同地区。市街地再開発事業に合わせた、新たな土地区画整理事業が推進されており、このたび、地区計画や用途地域等の変更などについての都市計画市素案が示された。

 今回の素案では【1】地区計画【2】道路【3】用途地域【4】高度地区【5】防火地域及び準防火地域【6】緑化地域――の6点の変更が提示された。

 【1】では、新駅周辺のにぎわいの創出を目的に、商業施設の誘致などが地区施設の整備の方針として掲げられた。【2】では、利便性向上のための新たなタクシー等乗降場の配置に向けて周辺道路の幅員が広げられる。

 そのほか、駅前にバリアフリーに配慮した安全な歩行者通路の整備や、現在渋滞が問題視されている駅周辺のバスの動線の再整備なども示された。

住民と一体となって

 説明会には48人の地域住民が参加。質疑応答では多くの質問・意見が出るなど、街づくりへの関心の高さをうかがわせた。なかでもバス路線の再整備に関しては、より詳細な説明を求める声や効果を疑問視する声があがり、市も細かい図を提示するなど丁寧に説明し、渋滞解消や安全面の確保に向け、慎重に精査し進めていく姿勢を見せた。

 綱島駅東口周辺開発事務所の中里浩一郎所長は、「まちの声は大切。街づくりへの多くの期待を感じる」と述べ、「丁寧な説明で住民とのキャッチボールを通し、一体となって開発を進めていきたい」と今後への意気込みを見せた。

 今回示された素案は公聴会(公述申出があった場合)と計4週間の縦覧期間、市での審議会を経て告示される。

 都市計画及び事業内容についての問い合わせは綱島駅東口周辺開発事務所【電話】045・531・9603へ。

港北区版のトップニュース最新6

日常再開へ、また一歩

区内公共施設

日常再開へ、また一歩 社会

進む利用制限緩和

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

新会長に篠原町の川島さん

港北区連合町内会

新会長に篠原町の川島さん 社会

新吉田東、関さんが副会長

7月2日号

今年はオンライン開催

ふれあいまつり

今年はオンライン開催 社会

団体・部活の発表の場も

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

オンラインで運動指導

慶應大学院と港北区

オンラインで運動指導 教育

小学生対象に週1回

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク