港北区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

慶應大学大学院 学生が地域を活性化 南日吉商店会が舞台

社会

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
ゴミを使ったバスケットボールを楽しむ子ども
ゴミを使ったバスケットボールを楽しむ子ども

 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科は、港北区との連携で、南日吉商店会の「夜店」で、地域活性化のイベントを実施した。授業の一環として、学生たちが主体となりプロジェクトを企画。子どもたちの地域への愛着、商店街の活気の創出がねらい。

 同大学院では、システムデザイン・マネジメントの授業の一環で、港北区と3年前から連携。社会の成り立ちや街づくりを「システム」と捉え、毎年決められたテーマに沿って、街の魅力や課題に注目したイベントの企画やグッズの作成などを実習として行っている。

 今年のテーマは、「港北区の南日吉商店会の活性化」。受講者17人が3チームに分かれ、それぞれ【1】ゴミの分別【2】商店街の歴史クイズ【3】後継者不足対策のサイト開設――の3つのシステムを開発。7月6日に行われた南日吉商店会の夜店のイベントでは、【1】と【2】の実習が行われた。

ごみの分別

 プロジェクトの企画は南日吉商店会の小嶋純一会長へのインタビューから着想。ポイ捨てや分別の間違いで集積所にゴミが残ってしまう実態を聞き、バスケットボールゲームを考案した。ボールの原料となるのは子どもたちが集めた街に落ちているゴミ。それらを分別し、袋に詰めてボールを作ってゲームに挑戦した。メンバーのひとり、永井楓さんは「ゴミ拾いや分別を学びながら、子どもたちにとって楽しい思い出となるように考えた」と笑顔を見せた。

町の歴史クイズ

 商店街の店主と子どもたちが話すきっかけを作ろうと、クイズを考案。子どもたちは、ヒントを求めて店主を訪問し、正解するとお菓子などがもらえるルールにした。テレビCMからアイディアの着想を得たという榎本敬太さんは、「10回以上現地に足を運んで話をした。誰よりも自分が一番南日吉に詳しくなったのでは」と微笑んだ。

今後へのきっかけに

 「普段と違ったブースがあり、子どもたちは楽しんでいてよかった」と話すのは小嶋会長。「普段もこれくらい賑わいがある商店会にしたい。これからも地域と触れ合いをしながら、イベントなどを盛り込んでいきたい」と今後の街づくりへの意欲を見せた。

 同大学院の西野瑛彦助教は「実際に地域と関わり、現場で活動をすることができたのは学生にとって貴重な体験になった」と振り返った。

令和の「七五三」は師岡熊野神社

衣裳展示ご予約会開催。ご祈祷~衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク、写真撮影まで

http://www.kumanojinja.or.jp/

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)クレイジーケンバンド ニューアルバム発売記念イベントほか

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

緑あふれる綱島に

つなつなプロジェクト

緑あふれる綱島に 社会

4月から計画始動

2月27日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月27日号

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク