港北区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

災害リスクに備えを 過去の事例から学ぶ

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
室内でドローン操縦を実演
室内でドローン操縦を実演

 奈良建設(株)(横浜市港北区)100%子会社の(株)セットアップ横浜は9月1日の防災の日にちなみ、新横浜町内会と協力して過去の災害から学ぶ「第5回 過去の災害で得た教訓と課題」を8月30日、開催した。これは行政も含めた防災の専門家の講演を聞き、日頃の備えに生かそうというもの。

 当日は地域住民など約80人が参加。奈良建設(株)植本正太郎代表取締役や来賓のあいさつの後、国土交通省京浜河川事務所担当者は「水防法の概要と水害対策の基本的考え方」について講演した。

 港北区総務課危機管理・地域防災担当は港北区における風水害対策について「治水対策が進んだため、最近港北区が以前は水害が多かったことを知らない区民が増えている」とし、区内に200カ所ある土砂災害警戒区域に触れるなど災害リスクを説明した。

 さらにドローンの活用で港北警察署、港北区役所と災害協定を結んでいる(株)エムテックスは、災害時のドローンの活用法と実演などを行った。

 NPO法人日本トイレ研究所は「過去の災害時におけるトイレ事情」について講演。参加者は災害時における被災生活の中で、避難場所に応じたトイレの対処方法や避難所の実態、女性や子ども、障がい者にも配慮した避難所の生活環境づくりなどを学んだ。

 休憩時間には参加者らが展示してある、簡易トイレなど災害用トイレ等を熱心に見学し、担当者に質問する姿も見られた。

港北区の災害リスクを説明する区職員
港北区の災害リスクを説明する区職員

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

賛成意見もカジノ不安視

IR説明会

賛成意見もカジノ不安視 社会

市は、必要性を強調

2月20日号

160回目の歌う会

160回目の歌う会 文化

港北童謡の会

2月20日号

これからも地域のために

これからも地域のために 社会

菊名コミバスが10年目

2月20日号

日スタ杯で初の戴冠

港北区選抜

日スタ杯で初の戴冠 スポーツ

小学生女子の部

2月20日号

環境フォーラム

悔しさバネに躍動

悔しさバネに躍動 スポーツ

もうひとつのいばらき大会

2月20日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

160回目の歌う会

160回目の歌う会

港北童謡の会

2月25日~2月25日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク