港北区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

藁で大蛇づくり 保存会が伝統継承

教育

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
長さ4〜5mの藁の大蛇を作る(右)/学校で作成するミニ藁蛇を手にする児童ら
長さ4〜5mの藁の大蛇を作る(右)/学校で作成するミニ藁蛇を手にする児童ら

 新羽町の「中之久保地区」に江戸時代から伝わる行事『注連引き 百万遍』。今年も、10月24日に、藁の大蛇づくりと新羽小学校児童による見学が、会場となった西方寺で行われた。

 これは魔よけのため藁で4〜5mの蛇をつくり、地域の入り口に掲げる風習が今日まで伝承されているもの。横浜市無形民俗文化財に指定され、保存会によって継承されているこの行事は、保存会会長で、西方寺住職の伊藤増見さんが同寺院本堂で念仏を唱え、同時に境内で大蛇をつくる。今年も新羽小3年生児童が総合の授業で見学に訪れ、地元の伝統文化を保存会のメンバーから学んだ。なお大蛇は杉山神社および、新羽小学校、新羽中学校、新田小学校の校門付近に掲げられる予定。
 

港北区版のローカルニュース最新6

返礼品に区内産品初認定

市ふるさと納税

返礼品に区内産品初認定 経済

花き農作物など3品

7月9日号

お家時間を楽しむ横浜グルメ

読者プレゼント

お家時間を楽しむ横浜グルメ 社会

7月9日号

開催決定、実施へ一丸

開催決定、実施へ一丸 文化

大倉山秋の芸術祭

7月9日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月9日号

お祭り気分、味わって

綱島の惣菜店

お祭り気分、味わって 社会

店前でプチ縁日開催

7月9日号

特殊詐欺が発生

【Web限定記事】港北署管内

特殊詐欺が発生 社会

カード手交型が急増

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク