港北区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

綱島の市民団体 駅前に英国風花壇 東急の助成金受け整備へ

社会

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
「綱島交差点なごみ花壇」を整備するメンバーと「みど*リンク」担当者(上)。植え替え作業も実施された
「綱島交差点なごみ花壇」を整備するメンバーと「みど*リンク」担当者(上)。植え替え作業も実施された

 2014年から活動している、よこはま緑の推進団体「綱島交差点なごみ花壇」(吉原智恵子代表)が東急株式会社の街の緑化助成事業「みど*リンク」アクション支援グループに同団体として初めて選ばれ、11月14日認定式が行われた。今後、綱島駅近く、綱島交差点脇にある団体名と同名の花壇はイングリッシュガーデンへ生まれ変わる予定だ。

 団体の発足当時、綱島交差点なごみ花壇は枯れかかった花桃、折れたツツジ、雑草が生い茂り、ゴミが投げ込まれ、自転車が回りを囲むように放置されていたという。(公財)横浜市緑の協会が組織している地域の花と緑を育てる市民団体「よこはま緑の推進団体」の港北連絡会(中村文太郎会長)で、「綱島駅前の花壇を何とかしよう」という話が出た際、メンバーの吉原さんが手をあげ、仲間と市民団体「綱島交差点なごみ花壇」を立ち上げた。各種助成金を申請するなどして、花であふれる花壇に生まれ変わらせ「放置自転車やゴミもなくなりました」と吉原さん。

 今回は活動開始から4年がたち、手弁当で植えてきた花に整然性がなくなってきたため、「みど*リンク」事業に応募し、認定されたもの。春の「港北オープンガーデン」に向け、花壇をイングリッシュガーデンに生まれ変わらせるという。

 認定式当日は、東急(株)の担当者が同花壇を訪れ、認定証を授与。花苗の植え替え作業も行われ、参加していた同港北連絡会副会長の真島淳子さんは「春には花や緑が成長し美しい花壇になっているはず。楽しみにしていて」と話していた。

港北区版のトップニュース最新6

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

YCAT40周年記念イベント

豪華賞品もあたる企画。11月23日(土)港北東急S.Cで開催!

http://www.ycat.co.jp/news/page.php?id=1364

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク