港北区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

「稼げる」情報に落とし穴 5年で相談件数約10倍

社会

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 「稼げるノウハウ」を掲げた情報商材に関するトラブルが近年、急増していることが分かった。横浜市消費生活総合センターが11月26日に発表した最新の動向によると、過去5年で相談件数は約10倍に。特に20歳代の被害の増加が顕著だった。

 「SNSで稼ぐノウハウ」「FXなどの投資ツール」「仮想通貨で稼ぐ方法」…ノウハウなどの情報そのものを商品とした情報商材。「すぐ元が取れる」と言われ、高額な金額を支払い情報を購入したものの、実際には思うように稼げずトラブルになるケースが後を絶たない。

 市消費生活総合センターに寄せられたこうした相談件数は、2014年は25件だったが、16年に107件と急増。18年には238件でさらに倍となり、過去5年で約10倍に。契約者の年代・性別に見ると、20歳代男性が最も多く、次いで50歳代の女性となっている。

 全世代にわたり、インターネットを通じて契約するケースが圧倒的に多いが、20歳代では友人から勧誘される「電話勧誘販売」「訪問販売」「マルチ」なども同様に多い傾向が。「人を紹介すれば報酬がもらえる」などと言われ、被害のすそ野が拡大しているという。同センターは「友人を介しているため周囲に相談しにくく、潜在的なトラブルも相当数あるのでは」と危惧する。

成年後の被害顕著

 特に被害増加が顕著なのが、成年となった直後の20歳と21歳だ。同センターは「契約の取り消しが無条件にできなくなる成年直後が狙われているのでは」と推察する。さらに、他の年代に比べ、20歳代が高額な金額を契約させられている実態も浮き彫りに。「学費といえば収入がなくても借りられる」と学生ローンを組まされ、高額契約するケースが散見される。

 同センターは「楽してだれでも簡単に稼げる手段はないことを忘れないで」と警鐘を鳴らす。こうしたトラブルの状況や事例、解決のための基本フローをホームページに掲載するなどし、注意を呼びかけている。

港北区版のトップニュース最新6

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

青パトで外出自粛呼びかけ

地域の有志

青パトで外出自粛呼びかけ 社会

「日常取り戻したい」

5月14日号

地元紹介チャンネル開設

小机の城まち会

地元紹介チャンネル開設 社会

第一弾は商店街

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

飲食店、原則禁煙へ

改正健康増進法

飲食店、原則禁煙へ 社会

市、主要駅周辺で確認調査

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク