港北区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

横浜FM 15年ぶり、王座奪還 J1通算450勝

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 横浜F・マリノスは12月7日、明治安田生命J1リーグ第34節(日産スタジアム)で2位・FC東京と対戦。首位で迎えた最終節を3-0の勝利で飾り、15年ぶり4回目のリーグ優勝を達成した。

 「この街にシャーレを、この街に頂点を」--。Jリーグのリーグ戦において、史上最多となる6万3854人の観客が訪れたスタジアムに、15年ぶりの優勝を願うサポーターたちの声援が響き渡った。

 負けても優勝の可能性が残されるなか、攻撃的なスタイルで試合を進め、前半で2点のリードを奪ったF・マリノス。後半は退場者を出すも、32分に旭区出身のMF遠藤渓太選手がゴールを決め勝利を決定づけた。試合後、主将のMF喜田拓也選手は「横浜にシャー

レを取り戻しました。いつもチームを支えてくれたファンを日本一のサポーターにできて幸せです」と目頭を押さえた。

 最終成績は、22勝4分け8敗の勝ち点70。第23節終了時で首位と勝ち点9差の5位だったが、そこから10勝1分けと勝ち点を積み上げ優勝まで駆け抜けた。チームは2年連続リーグ最多となる68ゴールを記録。FWマルコス・ジュニオール選手と共に得点王(15点)に輝いたFW仲川輝人選手はリーグの年間MVPとベスト11にも選出された。昨季56失点の守備面も今シーズンは38失点と改善。都筑区出身のDF畠中槙之輔選手はチーム唯一の全試合フル出場で守備陣を牽引した。また今節の勝利で、クラブはJ1通算450勝(歴代2位)。ホーム通算観客動員数も1000万人を突破した。

 同日、瀬谷区出身のDF栗原勇蔵選手が現役を引退。クラブ一筋18年で446試合に出場し、日本代表にも選出された。前回優勝を知る36歳のベテランが、有終の美を飾った。

港北区版のトップニュース最新6

ラグビーへの関心、高まる

ラグビーへの関心、高まる 社会

区が調査結果発表

4月9日号

人と人つなぎ10年

街カフェ大倉山ミエル

人と人つなぎ10年 社会

多世代交流の場、創出

4月2日号

区内2団体が受賞

横浜環境活動賞

区内2団体が受賞 社会

児童への環境学習評価

4月2日号

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

仏壇展示品クリアランスセール

供養の想い【引き継ぎやすい仏壇】を リビングに置ける仏壇が特価 1月13日迄

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク