港北区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

綱島の河川敷 黄色の絨毯、姿戻る 住民らが菜の花育成 

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
家族連れで訪れる人たちも多い、河川敷の菜の花畑(3月25日撮影)
家族連れで訪れる人たちも多い、河川敷の菜の花畑(3月25日撮影)

 綱島駅からほど近い、大綱橋付近の鶴見川河川敷にある「菜の花畑」をご存じだろうか。綱島地区連合自治会と特定非営利法人鶴見川流域ネットワーキングが育成・管理しているこの菜の花は、昨年は鳥が種を食べつくしてしまったため、春に花を見ることができなかった。今年は対策をし、見事復活。近隣の人の目を楽しませている。

 10年以上前、同自治会の故大谷宗弘前会長らが主となり「綱島といえば桜、桃、菜の花と言われるよう、自然をはぐくむ町にしていきたい」と始められたもの。河川敷は国交省が管理しているため行政の協力も得て、さらに区内で自然保護活動を行う特定非営利法人鶴見川流域ネットワーキングと連携。蝶などの生き物を繁殖させる「ビオトープ」として共同で管理・育成を行っている。

 現在同連合自治会の会長をつとめる佐藤誠三さんは「前回の失敗を踏まえ、昨年秋、種をまく際にネットで鳥の被害を防ぎ、今年はうまく花を咲かせることができた」と話す。この場所はベビーカーや自転車で下りることもでき、電車も見えるため、暖かな日中には子連れで訪れている人も多い。佐藤会長は「地域の人の憩いの場になれば嬉しい」と語っていた。

ビオトープの説明看板
ビオトープの説明看板

港北区版のローカルニュース最新6

「ためになれば」

「ためになれば」 社会

献血に協力多数

6月4日号

30日から営業再開

トレッサ横浜

30日から営業再開 社会

一部店舗除き時短営業

6月4日号

解説冊子を発行

横浜市20年度予算

解説冊子を発行 経済

子ども版は小学校配布へ

6月4日号

所属委員会が決定

所属委員会が決定 政治

神奈川県議会

6月4日号

2日より新規予約開始

【Web限定記事】港北図書館

2日より新規予約開始 社会

閲覧は10日再開予定

6月4日号

あおぞらまちライブラリー再開

【Web限定記事】子育て支援拠点どろっぷ

あおぞらまちライブラリー再開 社会

駐輪場で本の貸し出し

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク