港北区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

医療従事者にマスクを 支援金170万円募る

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
支援金を集める日下さん(左)と歌手の矢幅さん
支援金を集める日下さん(左)と歌手の矢幅さん

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、支援金を170万円集め、1万6000枚の医療用マスクを県内の医療従事者に届けるプロジェクトが立ち上がった。

 活動を呼びかけたのは、共同発起人のひとりでもある横浜市緑区在住の日下牧子さん。日下さんは企業を経営し、「地元への恩返し」をテーマに地域活動にも参加している。

 「医療の現場でマスクが足りていない」という現状を知った日下さん。

「命がけで見えない敵と戦っている医療現場でのマスク不足という情報に胸が痛くなった」と振り返った。「何か力になりたい」という思いを強くし、知り合いを通じて医療用のマスク1万6000枚を売ってもらえる業者を見つけ、支援金をインターネット上で募るクラウドファンディングに挑戦することを決めた。

 日下さんの呼びかけに歌手の矢幅歩さんやギタリストの河越重義さん、ミュージシャンの柿崎洋一郎さんなどがプロジェクトへの賛同を表明。「みんなで勇者=医療従事者にエールを送ろう」を合言葉として、支援金を集める「TEAM CEER」が発足した。

本日、午後11時まで

 目標である170万円を集めなければならない期間は、5月21日午後11時まで。目標金額を達成した場合のみ、実行者である日下さんは集まった支援金を受け取ることができる仕組みだ。170万円に達し次第、医療用マスクを購入し、公的機関に寄贈する。その後、マスクを必要とする県内の医療機関に配られる。

 支援金の受付方法詳細は、「神奈川 マスク レディーフォー」で検索を。

港北区版のローカルニュース最新6

公園に手洗い啓発ポスター

大倉山

公園に手洗い啓発ポスター 社会

商店会と町会が連携

5月21日号

生徒への想い発信

日吉台中

生徒への想い発信 教育

校舎窓にメッセージ掲出

5月21日号

医療従事者にマスクを

医療従事者にマスクを 社会

支援金170万円募る

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月21日号

コロナ対策に538億円

神奈川県

コロナ対策に538億円 社会

休業協力金は125億円

5月21日号

妙蓮寺

「永代供養墓」好評です。

http://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク