港北区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

朝ドラモデル 古関裕而を語る 刑部さんが解説

文化

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
パーテーションの奥で講演する刑部さん
パーテーションの奥で講演する刑部さん

 第36回大倉山秋の芸術祭(同実行委員会主催)が11月1日に閉幕。美術展やコンサート、ダンスショーなど、様々な催しが開催され、大きな盛り上がりを見せた。

 10月31日には大倉山記念館で、朝ドラ『エール』の主人公のモデルとなった作曲家古関裕而氏についての講演会が行われた。登壇したのは、ドラマでは風俗考証も務めた大倉精神文化研究所客員研究員の刑部芳則さん。

 冒頭で、古関氏に関する自身の著書について「(同所)図書館で借りられるが、ぜひ購入を」と話し、会場は笑いに包まれた。その後の講演会では実際に楽曲を流し、「ドラマはあくまで史実を元にしたフィクション」と、番組とは異なる古関氏の人柄や、神奈川県との関わりなどについて冗談を交えつつ解説。参加者も、時折笑顔を浮かべながら興味深そうに耳を傾けていた。

港北区版のローカルニュース最新6

”身近な光”の写真展

”身近な光”の写真展 文化

日吉で来春まで

11月19日号

大倉山エルム通り商店会プレミアム付商品券が使えるお店

ビジネスコンで特別賞

横浜医療情報専門学校

ビジネスコンで特別賞 教育

リハ現場支援ツール開発

11月19日号

プレミアム付食事券、発売

GO TO Eat

プレミアム付食事券、発売 経済

LINEやコンビニで

11月19日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク