港北区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

港北テレビ アーティストに発表の場 無観客コンサート企画

文化

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
撮影会場となった青葉公会堂
撮影会場となった青葉公会堂

 舞台撮影を手がける「港北テレビ」(代表/伊藤幸晴さん)は、無観客コンサート「Stay with Music ヨコハマ」を企画した。コロナ禍で発表の場を失ったアーティストを援助し、視聴者にも元気を届けるのが狙い。公開はクリスマスを予定。伊藤さんは「音楽を聴いて楽しい年末を過ごしてほしい」と話す。

裏方と作る舞台

 企画のきっかけは6月頃。アーティストが、コロナで活動に困窮している状況を知った伊藤さんが、川崎市で動画配信の「Stay with Musicカワサキ」を実施した。60人ほどの音楽家が自宅から参加した動画は好評で、一定の成果を見せた。一方「同じく厳しい状況にある、音響や照明などいわゆる裏方さんは参加できない」という課題も。そこで「彼らも巻き込めるように、舞台を使いたい」とコンサートを企画。横浜市の芸術活動支援策「横浜映像配信支援プロジェクト」の補助を受け、今回の無観客コンサートの開催を実現した。

 撮影の舞台は青葉公会堂。横浜・川崎を中心に活動を行っている6組のアーティストがパフォーマンスを披露する。映像の撮影は11月10日に行われ、それらを編集したものが12月25日、動画配信サイトYouTubeで公開される。

逆境も逆手に

 「無観客のステージで撮影を行い、それを公開するというのは、40年以上映像の仕事に関わっているが初めての体験」と話すのは撮影班を束ねる杉山浩文さん。中でも課題となったのが”ライブの熱量”という。「目の前に観客はいないし、リアルタイムでもない。時間も空間も共有できない中で、アーティストが最高のパフォーマンスを発揮できるのか」だったという。

 そこで考えたのが、無観客ならではの演出。「通常のライブに近づけようとしても、やっぱり生の有観客には及ばない」と、この状況を逆手に取り、通常のライブでは持ち込めない特殊機材や、ステージの上下でクレーンやレールを使った撮影スタイルを考案した。「これまでに見たことがない体験を視聴者に届けられるはず。また、斬新な環境を用意することで、アーティストにも刺激になり、より良い演奏を引き出せるのでは」と杉山さん。

 さらにカメラのレンズもライブの撮影では珍しいという一眼レフタイプを使用。高画質で立体感のある映像にしあがるという。カメラマンにとっては撮影難度は上がるというが、「我々撮影陣にとっても挑戦。自分の人生でトップ5に入るような映像を作りたい」と意気込みを口にした。

 自身もコロナ禍で活動が制限されていた伊藤さん。「この一年は誰もが大変だったと思う。それらは忘れて楽しめる束の間のひと時を届けたい」と笑顔を見せた。

港北区版のトップニュース最新6

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

アーティストに発表の場

港北テレビ

アーティストに発表の場 文化

無観客コンサート企画

11月12日号

GoTo企画スタート

港北区商連

GoTo企画スタート 社会

14日から、約1300店舗で

11月12日号

夢の舞台へ、第一歩

プロ野球ドラフト

夢の舞台へ、第一歩 社会

慶大から2人が指名

11月5日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク