港北区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

横浜市内障害者施設 コロナで販路減り苦境に 仲介組織が下支え

社会

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
駅構内で自主製品を販売する施設関係者
駅構内で自主製品を販売する施設関係者

 障害者の就労支援の場となっている横浜市内の障害者施設などで作られた自主製品の販路や請負業務が、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い縮小している。こうした中、仲介組織が仕事を発注したい企業・行政と各施設をつなぐ支援に動いている。

 市内には現在約600カ所の障害者施設があり、障害者の社会参加の機会提供として工業製品の検品、清掃などの請負や菓子や工芸品の製造・販売などを行う。この売上げの中から工賃として報酬が支払われる。

 多くの施設では区民まつりや地域の祭りなどで自主製品を出張販売していた。しかし昨年から続くコロナ禍で、多くのイベントや行事が中止に。

 西区の地域活動ホーム「ガッツ・びーと西」では、みなとみらいの企業内でのアロマストーンや消臭剤などの販売が中止。自施設窓口でしか販売できず施設外の売上げがほぼない状態が続く。「商品が売れないと障害者のモチベーションにもかかわる」と担当者。市内最多30以上の施設がある泉区では、施設内での買い物を促すシールラリーを実施するなど工夫を凝らす。

 市は公共施設内での販売機会を提供しているほか、物品調達や業務委託など1000件、3億円以上の業務を優先的に障害者施設へ発注。だが多くの施設で売上げが低迷している状況だ。

マッチングに実績

 こうした中で地道に販路をつないでいるのが、2015年に発足したよこはま障害者共同受注総合センター「わーくる」。横浜市社会福祉協議会が運営し、行政や企業からの発注内容を障害者施設と調整。両者の橋渡しを行う。348の障害者施設が登録しており、行政からは印刷業務、民間企業からは部品の組み立てや食品購入などが多いという。

 昨年度は行政や企業から471件の発注相談があり306件が施設への業務依頼につながった。わーくるの知久達哉事業推進課長は「コロナ禍で従来の販路が止まる厳しい状況から、新たに登録した障害者施設も多く、仕事を得た割合は上がっている。今後も仲介数を増やしたい」と話す。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook