港北区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

衆院選神奈川7区 鈴木氏が接戦制す 中谷氏は比例で議席

政治

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
小選挙区で勝利し、支援者らと万歳する鈴木氏(中央)
小選挙区で勝利し、支援者らと万歳する鈴木氏(中央)

 第49回衆議院議員総選挙が10月31日投開票で行われ、接戦区として注目されていた神奈川7区(港北区・都筑区※都筑区の一部除く)では、自民党公認の前職、鈴木馨祐氏(44)が12万8870票を獲得し、5期目の当選を果たした。立憲民主党公認の同じく前職、中谷一馬氏(38)は比例で2期目当選。

 ともに前職の2人による一騎打ちとなった選挙戦。2017年の前回選挙では両氏を含む3人が立候補し鈴木氏が小選挙区を制したが、今回は野党共闘により1対1の構図となり、接戦が予想されていた。

「地域の声、実現へ」

 鈴木氏は、午前1時過ぎに当確の知らせを受け「コロナ対策とともに経済成長、また外交安全保障、政治改革を強く訴え、信任をいただいたと思っている」と選挙戦を振り返り、「多くの声をいただいた党の改革、次の成長につながる規制改革を進めるのが役割。また子育て世代、若い世代のさまざまな思いをきちんと実現したい」と意気込みを口にした。

「生活に寄り添う政治を」

 同じく午前1時過ぎに比例選での当確の報が入った中谷陣営。支援者らに囲まれた中谷氏は「全国でも注目の激戦区。(12万以上の得票に)多くの方に託していただいた議席で、与野党拮抗する政治が、よりよい政治をつくっていく」と話し、「出産、子育て、教育など身近な市民の生活に寄り添った政治への期待に応えたい」と地域に呼びかけた。

投票率は57・58%

 7区の投票率は、57・58%と前回比で5・99ポイント上昇。区別では港北区が57・24%、都筑区が58・23%。前回よりそれぞれ5・77、6・41ポイント上回る結果となった。

比例で当選した中谷氏(中央)
比例で当選した中谷氏(中央)

港北区版のトップニュース最新6

第4期計画、策定

ひっとプラン港北

第4期計画、策定 社会

地域と連携し推進

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月20日号

国際コンクールで優勝

新横浜在住の甘粕さん

国際コンクールで優勝 文化

世界の吹奏楽指揮者が対象

1月13日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月13日号

「区役所一丸で精一杯」

鵜澤区長インタビュー

「区役所一丸で精一杯」 政治

諸課題に向う姿勢示す

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

裂き織コラージュ展

裂き織コラージュ展

大倉山の喫茶ぽるくで

1月10日~2月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook