港北区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

鵜澤区長インタビュー 「区役所一丸で精一杯」 諸課題に向う姿勢示す

政治

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
今年の展望を語る鵜澤聡明区長、手に持っているのは区のキャラクター・港北区ミズキー
今年の展望を語る鵜澤聡明区長、手に持っているのは区のキャラクター・港北区ミズキー

 本紙では2022年の年頭企画として、鵜澤聡明港北区長に新春インタビューを行った。鵜澤区長は就任1年目となった昨年の港北区を振り返るとともに、コロナ対応や地域のつながりの再構築、災害対策などといった今後に向けた様々な取組みに触れ、今年も区役所一丸となって精一杯、区政に取り組む姿勢を示した。(聞き手/本紙・木曽祐司)

愛着深める機会に

 ――区長就任1年目となった2021年は、港北区にとってどのような年でしたでしょうか。

 「昨年は、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、無観客試合でしたが日本選手の活躍をはじめ、アスリートやそれを支える関係者の頑張っている姿に、コロナ禍での不安を一時忘れることができ、わくわくどきどきすることができました。

 また、11月には『ふるさと港北ふれあいまつり』をオンラインで開催しました。特設サイト上で区内活動団体の皆様の動画を紹介するとともに、コアデイには横浜アリーナメインアリーナにおいてステージ発表を行い、その様子を生配信しました。地域の各イベントも中止せざるをえない状況が続く中、皆様に区内の様々な活動や地域の魅力を知っていただき、改めて港北区への愛着を深めていただく機会になったのではないかと思います。

 商店街振興の取組みでは、デジタルスタンプラリー『こうほくの商店街ちょいより散歩』を開催しました。各商店街をめぐり、スマートフォン上でポイントをためると、抽選でプレゼントが当たるイベントで、皆様に区内商店街に足を運び、その魅力を知っていただくよいきっかけになったのではないかと思います。

コロナ禍においても、身近な買い物の場として商店街がますます活性化するよう、引き続き取り組んでまいります」

 ――20年に続き新型コロナの影響が各所に表れた年でした。

 「これまで当たり前のように開催されてきた様々な行事が、規模を縮小しての開催あるいは中止となり、人と人とがふれあい、話し、時間を共にする機会の多くが失われてきました。

 こうした状況から、日頃から触れ合うことの大切さや、様々な行事やイベントを通して、協働で取り組むことの重要性等を改めて実感することができた一年でもありました」

つながり再構築へ

 ――今後の新型コロナへの対応は。

 「今後も区役所の総力を挙げて、区民の皆様の安全と生活を守るため全力で取り組みます。各事業もしっかりと感染症対策を講じて実施します。

 今年度は、災害時に開設する避難場所の一部にパーテーションを整備し、あらゆる避難者に配慮した資機材の充実強化を図りました。パーテーションについては、次年度以降も計画的に整備し、避難者一人ひとりが安心して避難し、滞在できる避難場所を目指していきます。

 また、港北区が運用する『港北区防災情報アプリ』では、各避難場所の混雑状況を閲覧できる機能を今後追加し、災害時に運用するなど、感染症対策を含めた防災対策の充実を目指します。

 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策により、地域の様々なつながりが分断されてしまいましたが、コロナ禍以前より強いつながりを作り出していくことを目的に、今年度は『つながりの再構築』に取り組んでいきたいと思います」

日常生活の回復めざす

 ――港北区長として、今年の区政運営における重点事項は。

 「まずは、感染症対策・災害対策に引き続きしっかりと取り組み、安心・安全のまちづくりを推進します。災害対策では、感染症対策も踏まえた避難所資機材の充実や情報発信、啓発を進めます。

 また、誰もが自分らしく安心して暮らせるまちを目指し、安心して子育てが行える環境づくり、認知症施策の推進、障害に対する理解の啓発など高齢者や障害児・者への支援に取り組みます。

 さらに、ウィズコロナ、アフターコロナも見据え、自治会町内会や商店街の皆様と協働して、地域の日常生活の回復・活性化を目指します。また、商店街や地域活動団体、自治会町内会に対して ICT化支援を進め、地域がICTを活用して、つながりがより強化されるよう支援します」

 ――区民活動が再開されつつあります。

 「9月30日をもって緊急事態宣言が解除されて以降、地区センターなどの区民利用施設の利用も緩和され、それに伴い区民活動も徐々に再開されてきました。

 今後も基本的な感染症対策をとりながらウィズコロナ下での活動を広げ、地域のつながりの再構築が実現するよう取り組んでいく考えです」

 ――12月に策定された第4期ひっとプラン港北について、認知度アップに向けた取組みも必要です。

 「このたび、第4期港北区地域福祉保健計画『ひっとプラン港北』を策定しました。新型コロナウイルスの影響により、スケジュール変更を余儀なくされるなど、厳しい状況となりましたが、多くの方々のご協力により無事計画策定を行うことができました。

 今後は1月中に計画冊子を各所でお配りする他、各地区の計画の紹介動画を作成し、HPや地域の様々な場面でこの動画を活用する予定です。その他にもできる限り多くの方に知っていただけるように取組みを進め、認知度アップにつなげていきます」

区民の取組みに感謝

 ――最後に、区民へのメッセージをお願いします。

 「一昨年来からの新型コロナウイルス感染症の影響が様々な市民生活に及ぶ中で、区民の皆様の感染拡大防止に向けた取組みへのご協力や、ワクチン接種へのご理解・ご協力により、感染者数が激減するなど、ようやく落ち着きを取り戻しました。

 大地震や風水害など災害に対する防災機能の強化や、飲食業をはじめとして停滞する経済活動への支援、様々な地域活動の再開に向け、区民の皆様と共に、区役所一丸となって、精一杯取り組んでいく考えですので、今後とも、区政の推進に、ご理解・ご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします」

港北区の今後について言及する鵜澤区長
港北区の今後について言及する鵜澤区長

港北区版のトップニュース最新6

コロナ禍も認知症予防へ

菊名寿楽荘

コロナ禍も認知症予防へ 文化

今秋、教室・講座を拡充

8月18日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月18日号

「横アリ舞台に」3者協定

港北区民まつり

「横アリ舞台に」3者協定 文化

コロナ禍の絆が契機

8月11日号

熱中症搬送、昨年比2倍超

港北消防署

熱中症搬送、昨年比2倍超 社会

救急体制がひっ迫

8月11日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

8月4日号

チーム一丸で市総体V2

大綱中サッカー部

チーム一丸で市総体V2 教育

公立校初の快挙

8月4日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菊名寿楽荘で「若返りの音楽レク」

【Web限定記事】

菊名寿楽荘で「若返りの音楽レク」

9月2日に

9月2日~9月2日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook