港北区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

篠原町「花と緑の会」 国土交通大臣表彰に選出 「みどりの愛護」功労者で

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
受賞記念の山桜の苗木を植樹するメンバーら
受賞記念の山桜の苗木を植樹するメンバーら

 第33回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰に、グリーンコーポ篠原で活動する「花と緑の会」(西山賢一会長)がこのほど選出された。花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体を表彰するもの。西山会長は「地域のつながりづくりにも重要な活動。次世代へ大切に受け継いでいきたい」と今後の抱負を語った。

 今回の表彰では、全国81団体が受賞団体に選ばれ、市内から選出されたのは同団体を含む4団体。昨年は、市内で約800団体が登録している、よこはま緑の推進団体の中で最優秀活動賞を受賞した。市によれば、同賞受賞が国の表彰団体選考の基準の一つとなるという。

 2010年、マンションの大規模改修工事に際して敷地内の空き地を整備し、緑化活動を開始した同団体。14年からは、港北オープンガーデンにも参加し、期間中には外部からも多くの人が訪れるようになった。「やはり昨年度の最優秀活動賞が大きかった。今回の受賞も皆の活動のモチベーションにつながる」と笑顔を見せるのは西山会長だ。

多世代が憩う場

 最初は空き地だった広場に芝生を敷き、花壇を作り、バラのアーチやパーゴラを設置してきた。広場には、多くの椅子やテーブルを配置するなど、花壇を見ながらくつろげるように工夫しているという。

 またコロナ禍の前には、芋煮会、防災訓練での炊出し、夏のビアパーティー、マンション30周年記念イベント等、マンション内の多くの交流イベントの会場となってきた。メンバーの加藤菜穂さん、河村洋子さんは「今も老人会ではグラウンドゴルフの後に休憩したり、帰宅してきた子どもらが宿題をしたりと、多世代が集う貴重な場となっている」と話す。

 活動日は、毎週日曜の午前中(雨天中止)。活動継続の秘訣は「できる人ができる時にやる」という方針にもあるようだ。現在約15人のメンバーの中で、主に男性が毎週の手入れを行い、春・秋の花の植え替えは、女性がメインで行うという。「男性の団結力がすごい」とはメンバーの田中範子さん。同じくメンバーの河村達雄さんは「友人づくり、定年ボケ防止に最適」と笑う。

 「今後は花壇に使う堆肥づくり、芝生の植え替えもやりたい。新たに参加したい人も大歓迎」と西山会長は構想を膨らませた。

多世代が集う、「いこいの花壇」がある広場
多世代が集う、「いこいの花壇」がある広場

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

「たるちゃん文庫」開設

樽町地域ケアプラザ

「たるちゃん文庫」開設 文化

本で地域の輪をつなぐ

5月26日号

見える化で事故ゼロへ

見える化で事故ゼロへ 社会

区内企業が日本郵便と連携

5月26日号

"輝く女性"の日本一に

下田町在住藤江さん

"輝く女性"の日本一に 文化

美を競うコンテストで3冠

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook