港北区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

見える化で事故ゼロへ 区内企業が日本郵便と連携

社会

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena
システムの効果を説明する滝口さん
システムの効果を説明する滝口さん

 ジェネクスト株式会社(新横浜/笠原一代表取締役)は、日本郵便株式会社と連携し、自社アプリを活用した交通事故削減のための検証実験を行っている。

 2020年のイベントでの交流を機に、二輪車の事故の更なる削減を目標として、今年4月から始まったもの。綱島郵便局と千葉県の郵便局の約300人のドライバーを対象に9月末まで実施される。

 今回使用するのは、同社の運営する交通安全管理システム「AI-Contact」(アイ・コンタクト)。これは、スマートフォンのGPS機能で取得した位置情報を、全国の標識情報データベースと照合して、速度超過や一時不停止などの違反を記録するもの。これまでも日本郵便では、急加速・急減速などを検知するシステムを導入していたが、さらなる事故削減のために同システムの効果が期待される。

 違反のあった回数や場所もデータとして蓄積され、注意が必要な場所や個々人の運転傾向などを数値で"見える化"し、分析することができる。「記録されることで、標識を見るなど、自然とより注意深く運転するようになる」と話すのはジェネクスト執行役員の滝口正嗣さん。全国100社以上で導入実績があり、前年44件だった事故件数が1年で0件になった例もある。「事故の多くの原因は、道路交通法の違反。それをなくすことが、事故を防ぐことにつながる」と、データ分析の結果をレポートにまとめるなど、安全教育の支援も実施する。

 実験開始から2カ月弱が経過し、綱島郵便局の集配管理責任者の小原亮人さんは「運転状況を数字で把握できるのは有意義。より一層安全運転への意識も高まっている」と話す。今後は、効果が示されれば、全国の郵便局に普及する予定だ。

港北区版のトップニュース最新6

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

野菜作りで福祉に寄与

市民団体「コスモス畑」

野菜作りで福祉に寄与 社会

地域作業所と販売会共催

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook