神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

師岡熊野神社 宮神輿、地域にお披露目 わが街思う心、一つに

文化

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
宮神輿を担ぎ、威勢のいい掛け声とともに街の中を練り歩く一行
宮神輿を担ぎ、威勢のいい掛け声とともに街の中を練り歩く一行

 創建1300年の師岡熊野神社(石川正人宮司)を舞台に、さまざまな奉祝・祭礼行事が行われている。6月2日には、氏子からなる千三百年祭奉祝行事祭礼委員会が造営し、同神社に奉納した宮神輿のお披露目渡御が行われた。地域のつながりづくりを見据えた取組みが、また一つかたちになった。

 宮神輿の造営に込められていたのは、「地域コミュニティの深化」への思い。製作過程では、氏子が携わった記録を残そうと、宮神輿の御簾を構成する瓔珞(ようらく)というパーツに参加者のイニシャルを刻む工夫が施された。

 宮神輿を製作したのは中台製作所(千葉県市川市)。4月29日に中台製作所から御造営委員会に宮神輿が納められる際には、瓔珞を氏子の手で取り付けるなどの最終仕上げも行われた。

 納受と同日、宮神輿は同神社に奉納され、お披露目渡御前日の6月1日には、御霊入れが行われていた。

 迎えたお披露目渡御の日、樽町にある杉山神社で出発式を終えると、午前10時、山車や神職らに続き、師岡熊野神社氏子神輿会や友好団体等の面々に担がれた宮神輿の姿がいよいよ地域へ。雨天の予報から一転、陽光を受けて輝く宮神輿は、「エイサー」と威勢のいい掛け声とともに躍動している様子だった。沿道では、宮神輿や担ぎ手の雄姿を写真に収めようと、スマートフォンを向ける人の姿が見られた。

 一行はおよそ2時間かけ杉山神社から環状2号線を経て街の中を練り歩き、正午過ぎ、師岡熊野神社に宮入りした。

 「こういった行事が実現できる(力のある)街だと分かった」と話したのは、鈴木聡総代会長。石川宮司は「無事にこの日を迎えられホッとしている。多くの人たちのご協力に感謝したい」と晴れの舞台に駆けつけた大勢の人たちに目をやった。

港北区版のトップニュース最新6

県選抜、全国に挑む

女子学童野球

県選抜、全国に挑む

区内在住・馬場奏良さん

7月11日

パラ五輪の舞台へ

男子水泳川渕大耀さん

パラ五輪の舞台へ

「タイムも順位も狙って」

7月4日

関東大会で技能賞

チアRAINBOWS!

関東大会で技能賞

体格差生かした演技

7月4日

県警逮捕術大会で優勝

港北警察署

県警逮捕術大会で優勝

17年ぶり3回目

6月27日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月27日

病を機に日常綴る

日吉本町在住林さん

病を機に日常綴る

「自分ができること」を

6月20日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook